2014年10月11日土曜日

子どもの創造力スイッチ!遊びと学びのひみつ基地/石戸奈々子

2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時には今は存在していない職業に就くだろう キャシー・デビッドソン

1986年に小学校に入った僕ですが、その時にITベンチャーなんてカテゴリはおそらくなかったはずです。インターネットのサービスを駆使するIT系の企業は、日本でブロードバンドが普及し始めてから一気にでてきた企業。ということで、冒頭の発言も間違いなく起こりうる未来なんだと思います。

今は存在しないが近い未来にでてくるであろう仕事(職業)に必要な力やスキルってなんなんでしょう?間違いなく言えることは「創造力」はいつの時代にも求められるとういこと。

”未来をつくるのは子どもたちの創造力だ!”という考えのもと創造的な学びの場をつくり続けている団体がNPOのCANVAS。そのCANVASを立ち上げた石戸さんによる著書が今回紹介する1冊です。






読んでみて思いますが、この本、子どもの教育に携わる人だけでなく、創造性という言葉に関心のある人全員が読むべき本だと思いました。子どもにも大人にも必要な大事な視点が沢山紹介されています。

ビジネスの世界でいま注目を集める言葉の一つは「イノベーション」。そして、それには新しいアイデアやコンセプトが必要ですが、その前提になるのは創造力でしょうから。それに、大人であっても子ども心ってありますよね。

本書では、子どもの創造性を育む世界の様々な事例が紹介されているのはもちろん、CANVASのこれまでの取り組みが著者の想いに溢れつつ紹介されています。読んでいて刺激を受けるだけでなく、心がポカポカしてきます。


3つのパートで構成される本書。
はじめのパートではMITメディアラボの環境を紹介しつつ、世界の学びの場の変化の様子、さらに現代の情報化社会において子どもたちに必要とされる力などが紹介されます。

2つ目のパートでは、子どもたちが創造性を育める場として世界の「チルドレンズ・ミュージアム」が紹介されます。また、そのような創造性をはぐくむ場をつくる際のポイントとして「10個のつくる」が解説されます。

そして、最後のパートでは、石戸さんが運営してきたCANVASの歩みや、様々なワークショップの事例が紹介されます。


Moocsの潮流や学校でのデジタルベースの教育に関心がある人はパート1は大いに参考になるだろうし、今、ビジネスの世界でもクリエイティビティを生み易いワークプレース、コラボレーションスペースなどが検討されたりすることが多いので、そういうことに興味ある人なんかは、このパート2も外せない。ほんと勉強になることが沢山紹介されています。


そんな中で、僕自身が本書を読んで一番考えさせられたのはパート1で紹介される「子どもにも大人にも大事な10の視点」でした。詳細は本書を読んで頂くとして、視点だけを以下に列挙します。

1.学び方を学ぶ
2.楽しく学ぶ
3.本物と触れる
4.恊働する
5.教えあい学びあう
6.創造する
7.発表する
8.プロセスを楽しむ
9.答えはない
10.社会とつながる

僕のキャリアはエンジニアへの技術トレーニングから始まっていますが、10年近く大人へのトレーニングをやってきたことを振り返っても、本当に共感することが多い。更に、トレーナー職を辞めた今も、上記の視点は創造性溢れるワークスタイルやワークプレース、場作り全般を考える上で外せないものばかりです。



読了後、本書を振り返って思うのは、創造性を育むべきは大人自身なんだろーなということです。子どもの創造力スイッチをONにしてあげることが出来るのは、親であり大人である僕たちなわけなので。

子どもの創造性や創造力の芽を、僕たちは簡単に殺しちゃったりしてないでしょうか?
職場における若手の創造性や創造力、僕たちは簡単に潰しちゃったりしてませんか?

○○ちゃん、××やっちゃダメ!これしなさい、あれしなさい!じゃないとまともな△△にならないよ!

あれやれ、これやれ!そんなの上手くいくはずない!やるだけむだだから止めろ!


僕たち大人がまず取り組むべきは、本書を読んで、普段使う言葉遣いを見直すことなのかもしれません。


創造性という大海原、写真のカメちゃんのように悠々と気持ちよく泳いでいきたいものです。





 

ブログタイトルの変更

ブログタイトルを変更しました。

ブログを運営し始めてから使っていたサイト名「One day it'll all make sense」を変えることにしました。ブログ立ち上げ当時はTwitterもFacebookもなく、日々の雑記帳と言えばブログしかありませんでした。しかし、今はSNSが僕の中では雑記帳の変わりになっています。

ですので、ほとんどこのブログは更新されることがありませんでした。
大好きなミュージカルについては、それ専用で呟きまくるTwitterアカウントもあることですし、ブログにはもうミュージカルの鑑賞日記をつけることもないだろうと思います。

ですから、日頃から考えているあるテーマについての覚え書き、読書メモの2つに軸をおいたエントリーを中心にブログを再開しようかなーと。








SNSに日々の感想をだだ漏れさせても、あまり思考は深まりません。ですので、思考を深めたいものについてはある程度の考えを一定量の文章などで残しておきたい。そんなふうに考えています。まー続くかどうかは分かりませんけど(笑)。