2013年7月13日土曜日

事例を知ってそれからどうするの?

「事例を知りたい」という声をよく聞きます。この声を作っている特性って何なのでしょう?ということで職場の先輩方と少し立ち話をしました。とことん突き詰めた分析をしたわけではありませんが、自分の過去の経験から振り返っても概ね納得という結論になりました。
 
理由1:
自分の経験を拡張するための手段となるから。
 
理由2:
具体例を聞かないとイメージできないから。
(⇒一種の保険として、聞くと安心できるから。)
 
事例を欲しているヒトは概ね上記2つの理由が当てはまると思います。
でも、実際には、1と2のどちらに軸足を置いているかによって、事例を聞く当事者の学びの質は変わってくるのではないでしょうか
 
理由1に軸足を置く人は、必ず事例を自分なりの視点で分解し、自分が当事者だったらという視点からストーリーを再構築します。傍から見ていて、こういう方の学びは非常に質の高いものだなーと感じます。


一方で、理由2に軸足を置く人は、とりあえず概念的なものばかりだとイメージわかないから手っ取り早くサンプルを出してくれ!というタイプの方が多いですね。そして、傾向としては事例に目だけ通して、まぁこんなもんだよな、と深い分析もせず、事例ももらえたしあとはいいや、見たいなまなんだんだか、まなんでないんだかさっぱり分からないような傾向を見せてくれます。こういう方に、「その事例、どうやって仕事に活かすのですか?」と聞いてみると、何かあったとき、似たような対応が取れるように事例をしまっておければよい、と仰ったりします。
 
分析されずにストックだけされた事例、果たしてそれが活かされる日は来るのでしょうか?

0 件のコメント: