2013年2月14日木曜日

【テーマ】これからの時代における組織と人の関係

人は会社に勤めれば、会社における何らかの組織に所属することになる。そりゃーそうだ。でも、意識の高い人から、もうすでにどこどこ組織の誰々です、なんて感覚は希薄化してるのではないだろーか?なんてことを最近強く感じる。

もちろん、会社に雇われれば組織に所属することにはなるんだろうけど、所属している側の社員(個人と言ってもいい)のメンタリティは同じ所属といってもニュアンスが提携とか連携といったものに変わってきているのではないか?

僕自身は入社してから10年、意識では組織への所属なんて気にしたこともなかった。でも、最近とくに組織との関わり方というのを意識するようになってきた。自分はなんでこの組織にいるのかなー?とか、この組織において自分が貢献するにはどーすりゃいいのかなー?とか、組織とどういう関係性を作るのが組織にとっても自分にとってもハッピーなのかなー?とかね。

自分が仕事を始めて10年以上たち、今年で35歳になるというのも関係しているかもしれない。単純に70才まで生きると計算してもあと30年近くは働いて生活の糧を稼がなきゃならない。人の寿命より会社組織の寿命の方が短いと言われている現在、長い目で見て、社会、会社組織と自分との関係の作り方を改めて考えるときなのかもねー。

0 件のコメント: