2012年10月5日金曜日

夢十夜/夏目漱石

「こんな夢を見た。」で始まる十夜の夢・・・。

夏目漱石と言えば、僕らが普段お世話になっている千円札・・・。
昔は表紙からこちらをクワッと眺めていましたっけな。

この作品、夏目漱石の短編の中でもとりわけ引き込まれた不思議な作品です。

夏目漱石は小学校のときから名前だけは聞いていました。
『坊ちゃん』だとか『我が輩は猫である』とか、いわゆる近代日本の国語に
とても大きな影響を与えた文学者であり知識人というのが学校で習った漱石像です。
でも、作品はまともに読んだことがありませんでした。

次に漱石の名前が僕の中で大きくなったのは大学生の頃。
国際政治の授業で、明治時代を生き欧米列強を見て知った漱石という像を
教えられたのがキッカケでした。

千円札のおじさんから、時代に正面からぶつからざるを得ない状況に追い込まれ、
神経衰弱を起こしながらも時代と闘い続けた知識人
というイメージに変わっていきました。

それでも、当時、僕は漱石の作品なんか一つも読んでいなかった。
漱石の日本についてのエッセイの断片を齧ったくらいでした。


そして社会人になって7年目のときかな・・・、
iTunesのオーディオブックで夏目漱石の夢十夜を見つけたのは。

僕の中に漱石が再び現れた。
そして、これはいい機会だと思って即、オーディオブックを購入し
聞いてみて驚いた・・・。

なんて意味深で、かつ美しくメタフォリックな短編をかけるのだろうと。
次の日すぐに本屋に行って、岩波文庫の夢十夜を買いました。

読んでみて本当に唸りました。
漱石の時代背景を十分知っているわけではありませんが、
おそらく時代と真剣に格闘し、希望を持ち、ウチひしがれ、憔悴した男の
叶わぬ夢や、我々の出自に対するしずかな警告、その他諸々漱石の
情念が一夜一夜に美しく表現されていることを感じたからです。

今回、本エントリーを書く為に読み直してみて、
より一層その想いを強くした次第です。

いいキッカケなので、改めて漱石の全体像を掴むべく、
その作品の主だったもとの、彼が生きた時代を
読み直してみようかと思いました。





0 件のコメント: