2012年8月17日金曜日

A cat is not a dog/猫は犬に在らず





本日は奥様の誕生日ということで、二人で一緒にCATSを観てきました。
もともと、僕は仕事がどうなるか分からなかったので、お休みの予定を
入れていませんでした。嫁さんは誕生日CATSを予め計画していましたが(笑)。

よって、僕は昨日急遽チケットを手配したため、嫁さんとは違う席に
適当に座って観劇することに・・・。


僕自身、3週連続でのCATS観劇なのですが、
先週からグリザベラを鈴木ほのかさんが演じられています。
そして、この方、凄まじくグリザベラを演じるのが上手い!!!
もちろん歌も上手なんですけど、それ以上にグリザベラとしての表情や
立ち振る舞いが上手いのです。
グリザベラが最後に歌うメモリーから天上への昇天、カーテンコールまで
久しぶりにウルウルしました(笑)。

今日は鈴木さんが演じるグリザベラを通して感じた
CATS理解をしたためておこうかと思ってエントリーをしています。

テーマはエントリーのタイトルに書いた「猫は犬に在らず」です。

多くのジェリクルはなぜグリザベラに頭を垂れ、
自ずとデュトロノミーのところへ彼女を導いて行ったのか?

もともと、CATSの世界は、年に一度のお祭りをジェリクル達が楽しみ、
最後にデュトロノミーが一匹の猫を選び出す、というのが基本シナリオです。

それが、最後に狂うわけですよね?
だって、デュトロノミーは数多の猫達の中から
グリザベラを指名したわけじゃないもん。

ジェリクル達が勝手に、「昇れ、天上へ!光浴びて行くのだ!」と
グリザベラに道を譲っていくわけです。

ここにはCATSを解読する一つのヒントが隠されていると僕は思います。

グリザベラとはなんなのか?ジェリクルとはどのような猫なのか?
そもそも猫ってなんなのか?
という問いを考えるヒントが・・・。

このヒント、CATSで歌われる歌の歌詞から考えてみたいなーと。


まず、ジェリクルキャッツとはどのような猫なのか?というところから。
ジェリクルキャッツとは、人間に飼いならされることを拒否して
逆境に負けずしたたかに生き抜き自らの人生を謳歌する強靭な思想と
無限の可能性と行動力を持つ猫です。

哲学者ニーチェの言葉をもじれば超人ならぬ超猫みたいな存在、
それがジェリクルキャッツですね。

そのような猫を1匹だけ選べるのがオールド・デュトロノミーという
賢者&リーダー的立ち位置の猫です。
そしてこの猫がこんなことを言います。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

幸せの姿、つかの間に消える 
永遠(とわ)の幸せ望むなら、心に深く求めるのだ
そしてついに思い出をたどって甦り
新しいかたちで生まれ変わった命こそ
本当の幸せの姿なのだ
もう永遠に変わらず永遠に消えない


ムーンライト仰ぎ見て月を
思い出を辿り歩いてゆけば
出会えるわ幸せの姿に新しい命に

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

新しいジェリクルの生命を授けられるただ一匹の猫・・・。
その条件らしきものがここでは示されています。
でも、非常にメタフォリックで一意にコレが正解とはいいづらい。

ただ、グリザベラはこのメッセージを他の猫から離れたところで
ひとり寂しそうに聞いている。そしてメッセージを聞き終えた後で、
何かを胸に秘めながら消えていきます。
※2幕最初のワンシーンで、このときグリザベラは
舞台下手の2階にひっそりとたたずんでいるので、
舞台を観てるとグリザベラの動きは全くわかりませんので注意!

そしてラストのシーン。
グリザベラが勇気を振り絞って慟哭のようにメモリーを歌います。
途中、心が折れてしまい、その場にしゃがみ込んでしまうのですが、
今日グリザベラを演じた鈴木ほのかさんはここの仕草が凄まじかった!!!

絶望と悲しみにウチひしがれ、その場に崩れ落ちつつも
前を向き、両手は地べたを這いずり回しながら、
それでも前に進もうとするかのような仕草。

そこに手を差し伸べるかのようなシラバブによる天使の声・・・。
折れた心を立て直し、グリザベラは明日へ向かって歌い切ります。
そして、ひっそりと舞台を去ろうとする・・・。

そう、ここだ!ここのシーンにこそ回答があるはずなのだ!
では、ここにあるものは一体なんなんでしょう?

僕には明確に「ジェリクル」そのものだという直観があります。
特に今日の鈴木さんのグリザベラを観てそう思わずにはいられませんでした。

CATSの世界ではジェリクルが天上に昇ります。
ジェリクル以外は天上に昇れません。
では、24匹の猫のうち、どの猫が一番ジェリクルの精神そのものだったか?

先にも書きましたが、ジェリクル・キャッツとは、

人間に飼いならされることを拒否して
逆境に負けずしたたかに生き抜き自らの人生を謳歌する強靭な思想と
無限の可能性と行動力を持つ猫です。

その精神を地で見せつけてくれたのが、
最後のグリザベラの姿ではないのでしょうか?


周りの猫達も、グリザベラに真のジェリクル魂を観たからこそ、
率先して手をとり、デュトロノミーのもとへ
いざなっていったのではないでしょうか?

だから、天上に昇ったグリザベラを観て

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ジェリクル集いて、喜びたたえよ!
永遠の生命に輝く、光り浴びる今宵・・・
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

と歓喜したのではありませんか?



では、デュトロノミーは最後に観客とジェリクル達に
なにを学ばせたかったのでしょうか?
これももう明確ですねw。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
いかがです皆さん、猫の生き方は
大いなる心持ち、誇り高く強く
生きているでしょう?もうお分かりのはず
とても似ているあなたと
とても似ているあの人と
とても似ている人間と
さぁ、猫にご挨拶を
忘れてはいけない、猫は犬に在らず
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


最後に、グリザベラ・・・。彼女は一体何者だったのでしょうか?
僕にはグリザベラはすべからく猫と人間が持つ受け容れがたい部分、
もっと言ってしまうとキリスト教で言うところの
「原罪」に相当する存在だと思いました。

だから、みな眼を背けるし、受け容れもしない・・・。

しかし、最後にグリザベラの勇気によって、残されたジェリクル達にも
明日への希望が紡がれる・・・夜が訪れ、やがて次の朝がやってくる。
生命の果てしないループが回り続ける・・・。

CATSは僕にとってそんな物語を暗示しているミュージカルに見えます。

みなさんにはどう映るんでしょうか?
よろしければお聞かせ願いませんでしょうか。



2012年8月6日月曜日

アイーダ観劇:5度目の感想





先週に引き続き、観てきました『アイーダ』。これで5回目の観劇です。

ゴールデンウィークに初めて観劇した時は
まったくもっていいと思えなかった舞台ですが、
1ヶ月後に2度目の観劇をしてからはドツボにハマりました。
それ以降は観れば観るほど深みにハマっていく

そして、先に書いた通り今日が5回目の観劇ですね。

思うに好きになった、もしくは気になった舞台というのは
一定期間に3回以上観ないと理解できないんでしょうね。

僕は4回目の観劇から段々と泣き所や感動のポイントが決まってきました。
泣き所や感動のポイントで感動で泣けるか、感動できるかで
おおよそその日の舞台の完成度が分かるようになってきました。

物語にはストーリの展開上、重要なマイルストーンが
幾つかあるものですが、僕の場合、大体3回くらい観劇すると
物語と音楽と演技と証明とが自分の身体に一通り収まり、
観劇のポイントが出来上がってくるみたいです(笑)。
※ほんとは観劇一発で理解できるといいんですけどね(苦笑)。

僕がこの舞台を鑑賞する時のポイントにしていることの一つが、
ラダメス、アムネリス、アイーダの3人のギャップ表現です。

ラダメスは将軍としての顔、息子としての顔、婚約者としての顔、
そして、ひとりの男としての顔ですし、アムネリスは、
王女としての顔、婚約者としての顔、そして(女)王としての顔ですし、
アイーダは奴隷としての顔、娘としての顔、王女としての顔、
そして、ひとりの女としての顔です。

物語進行上、重要な立場を担う3人ですが、この3人が状況状況で
表情、仕草、歌う際の声のトーンを上手〜く切り替えてくれると
もの凄く奥の深いギャップがそれぞれの役に生まれます。
そしてこのギャップですが、単なるギャップではなく、
少しの空白を作っておかなくてはいけません。
ギャップ+空白があると、観ている側はその空白を埋めたくなるので
自ずと感情的にコミットせざるを得なくなるんです・・・。

そもそも、役にも音楽にも空白が残っていないと、
観客が参加する余地がないのです。少なくとも僕はそう思っています。

そして『アイーダ』のような舞台は役者さんの演技にも歌にも癖というか
コブシ系の要素があるとリピート鑑賞できなくなる。
物語がとてもドラマチックなので、下手に俳優さんが癖をだすと
鑑賞に堪えられなくなるわけです。『アイーダ』は演じ方を間違うと
下手なメロドラマみたいになっちゃいかねませんからね・・・。
そういう難易度の高い舞台であることが4回目の観劇の際に
よ〜く分かりました。

そして、過去の鑑賞では一度もそのような失敗はありませんでしたから、
俳優さんが凄まじい稽古を行い、真剣に舞台に望まれていることが分かります。
観れば観るほどそれが分かったので、僕はハマっていったんだと思います。


このハマりようは『CATS』並みかもしれません。
通算観劇回数で言っても、『オペラ座の怪人』に並びつつありますし・・・。


さて、そんな『アイーダ』ですが、
この舞台が僕にとって究極になる事件が先週発生しました(笑)。

ラダメス将軍に福井晶一さんがキャスティングされたのです!

僕は『美女と野獣』で福井さんを観て以来、
その素敵な演技に魅了され続けてきた一人です。

そんな福井さんが演じるラダメスってどんななんでしょう?と
いてもたってもいられなくなり、
先週嫁に頼んでチケットをとってもらった次第。

福井ラダメスを観た感想はどうだったかというと・・・
一言、僕のイメージするラダメスにピッタリでした。
もう、完璧!!!

これまで過去3回は阿久津さんが演じるラダメスを観てきました。
阿久津さんのラダメスもウルトラかっこいいですし、
世の『アイーダ』ファンはおそらく皆、阿久津ファンだと思います。
でも、男の僕からすると福井ラダメスこそが僕のイメージにピッタリ!
※あくまで僕のイメージですからね(笑)。

ゾーザーという権力欲の強い父親に、生まれた時からレールを敷かれ、
婚約相手まで決められてしまい、形の無い手かせを嵌められたようで、
常に疑問や不満を心のどこかに感じているエジプトの将軍、これがラダメス。

阿久津さん演じるラダメスは、親への反抗から
常に戦場に出て戦い、おそらく幾つものワンナイトラブを繰り返し
心の空虚をみたしてきたであろう、ってなイメージです(笑)。
どちらかというとプレーボーイ的な印象がありました。
これはこれで良い。阿久津さん、
ラダメスを演じると恐ろしいまでに美しいのでw。


それに対し、福井さん演じるラダメスは、
心の空虚を戦に捧げることで満たす漢(オトコ)って感じで、
アムネリスという大事な大事な幼なじみが婚約者として
決まっている手前、女性を粗末には扱わない男気溢れる将軍ってイメージ。
※これ、完全にモーソーですけど(爆)。


そんな漢(オトコ)である福井ラダメスが、真実の愛を見つけて
突っ走るわけですので、僕としては俄然、こちらに軍配が上がります。
僕は男より漢(オトコ)の方がすきですから(笑)。

そしてね、福井さん歌も演技もチョーうまいんだわ。
『美女と野獣』の2幕以降で野獣がベルに恋するがごとく、
アイーダを愛してからの顔が凄まじく素敵すぎる!!
これは僕の独断ではなく、嫁も言っておったw。

先に『アイーダ』のポイントはギャップだと言いましたが、
福井ラダメスを基点とするギャップ発動のビリヤードは観ていて壮観!
凄まじいよ、本当に!

ラダメスがなりふり構わず漢(オトコ)の気持ちを素直に謙虚に
アイーダにぶつけるもんだからアイーダも心を揺すぶられちゃって
もの凄く大きなギャップを産む。そしてそれを拷問のように見せつけられた
アムネリスの可哀想なこと可哀想なこと・・・。

ラストのシーンなんて、アムネリスがラダメスに何とか命を救うべく
精一杯の愛情を注いでるのに漢(オトコ)ラダメスは上の空で
アイーダの素晴らしさを語る。そしてアイーダはラダメスを救うよう
アムネリスに懇願する・・・。
アムネリスの悲惨さのコントラストここに極まれり!

その悲惨さを精一杯乗り越えて、二人を見守っちゃうし、
遠い未来に置いても時の定めか?生まれ変わった二人を博物館で
優しく見守る慈愛の神さながらの包容力・・・。

僕は福井ラダメスの登場した先週のアイーダをみて、
これでもか!!というくらい泣きました(爆)。

そして今日!!
やっぱり同じくらい泣けました。
僕にとって福井さんのラダメスは凶器にちかい(笑)。

そんな素敵な福井さんではありますが、今日はもっと素敵なことが!!!

舞台終了後のオフステージトークに
福井さん、朴さん、光川さん、有賀さん、飯野さんが登場してくれました。

これだけでも嬉しいのに、なんとなんと!
最後のジャンケン大会で、嫁がまさかの景品をゲットし、
福井さんから景品を手渡しされ、
おまけに握手までしてもらえるという珍事が!!

僕も隣に座ってたので、間近でご本人を拝顔しましたが、
メチャかっこ良かったー。嫁は胸キュンして死にそうになったそうです(爆)。


まー仕方ないよね。福井さんカッケーンだもん。


ちなみに、本エントリーのトップにある写真がその景品です。
『アイーダ』特製ハンカチで、裏には福井さん、朴さん、光川さん3人のサインが!!
サインを撮影しようとしたら嫁に怒られたので、サインの無い方を掲載(笑)。
サインは嫁の宝物だから一般公開しないそうでw。



とまぁ、今日の『アイーダ』はこれまで以上に感動に溢れた舞台でした。

さて、『アイーダ』も残すところ後1週間です。
僕は千秋楽のチケットもゲット済みですので、来週は来週で
精一杯応援してこようと思います。

来週のキャストは誰でしょうかね〜?いまから楽しみです。

ちなみに、今日のキャストです。


2012年8月5日日曜日

CATS観劇:8251公演




今年の11月11日で横浜キヤノン・キャッツシアターから去ってしまう
ミュージカル『CATS』。

もう見納めになってしまうので、可能な限りチケットを購入し、
月2回のペースで観劇予定を入れている次第です。
めでたく千秋楽もチケット取れましたし、これからは
今まで以上に1回1回の公演と真剣に対峙し、
少しでも『CATS』の世界の奥深さを拾おうと思っています。

ということで8月1発目の『CATS』を昨日観てまいりました。
座席はS席回転で、タガー握手席です。

昨日のキャストは以下の通り。






これまで散々書いてきた『CATS』の感想・・・。
もういい加減に書くこと無いだろ?と言われそうですが、
観るたびに発見があるのがこの作品のいいところです!

今日はその辺のお話を少し、記録として残しておこうかと。

キーワードは以下の2つです。
1.円環と止揚(ループ構造とアウフヘーベン)
2.希望


この作品をご覧になられたことがある方であればお分かりの通り
『CATS』の舞台は都会のゴミ捨て場です。
ここに年に一度、満月が青白く輝く夜に、
人間に飼いならされることを拒否し、逆境をものともせず、
強靭な思想と行動力で逞しく生きている”ジェリクル・キャッツ”
(宝石のようなという意味でジェリクルね)が集まってきます。

作品において出てくる猫は27匹で、演じる俳優さんは24人です。
(1人3役を演じる猫が1匹、1人2役を演じる猫が1匹)


キーワードの一つ目である円環(ループ構造)と止揚(アウフヘーベン)
ですが、これは今回の舞台を観てあらためて強く感じました。
観劇3、4回目からずーっと感じてはいましたが、もう、
40回以上観たんだから間違いないでしょ!?という感じです。

ループ構造は『CATS』の音楽ついて、
間違いなく当てはまります。

先に音楽から言うと、オーヴァーチェアの音楽って、
ある猫が天上に昇った後の音楽そのまんまなんですよね。
(オーヴァーチェア始まって2分くらい経ったところの音楽)

そしてオールド・デュトロノミーが猫からのご挨拶を歌った後、
ラストの決めのところで流れる音楽もオーヴァーチェアの音楽の
ラスト30秒付近と全く同じ。

『CATS』の音楽はオーヴァーチェアに始まり
オーヴァーチェアに終っています。これ、ループ構造ですね。

一時期、毎週『CATS』を観ていたときは、オーヴァーチェアが始まると
「あぁ、先週の物語が終わり新しい物語がはじまるんだなぁ〜」なんて
感慨に耽ったものです(笑)。

では、『CATS』のループ構造は音楽だけかというと、
僕は物語も実はループ構造にあるのではないかと強く感じています。
しかし、ただのループ構造ではなく
アウフヘーベンを伴ったループ構造であると。

これはオリジナル・クリエイティブチームの
トレーバー・ナン氏が凄いのか劇団四季の代表である
浅利慶太氏が凄いのか分かりませんが、
『CATS』の演出をみるとどーにもこーにもアウフヘーベンを伴った
ループ構造であるとしか思えないのです。

舞台の最後でグリザベラが天上に昇り、デュトロノミーが挨拶して終りますが、
あの舞台を観ると、天上に昇った猫は実は、天上の世界で
タントミールとしての新たな生命を与えられて、
またあのゴミ捨て場に戻って行ったんだなと思えて仕方がありません。

そして、天上の世界という新しいゴミ捨て場には、
また別な27匹の猫がいる・・・。

そして、そこでもグリザベラが選ばれ、最後は天上に昇るがそこもまた
都会のゴミ捨て場である・・・そういう今いる世界から
一つ上の世界には行くのだけれどもそこもまた同じ世界。
変わるのは自分の立場だけ、というある意味フリードリヒ・ニーチェが描いた
永劫回帰の世界を見せられているかのようです。

世界が何度同じ様相で巡ってきても、今ここにある瞬間が
同じように巡ってくることを望むという、
強い生の肯定思想、それが永劫回帰の思想。

それは、生を疎かにしない超人にのみ引き受けることが出来る、
存在と意志との自由の境地でもあります。ニーチェはそう説きました。


昔は高慢ちきなウルトラ美猫であったであろうグリザベラ・・・。
それが身を落とし、娼婦になり皆に蔑まれ、それでも私の人生を歩む!
という強い決意のもと決別のメモリーを歌い、
ジェリクル達の前を去っていこうとする・・・。

どんな境遇に陥ったとしても、自らの人生を肯定し、
一人歩く決意をするグリザベラ・・・。
それを観ていたネコたちがグリザベラがみせたものこそが
ジェリクルの証なんだと、不安と孤独の中でみせた勇気、それこそが
真の希望であり天上へ導かれる条件なんだと知る・・・。


ループ構造の世界において、先に挙げた2つ目のキーワードである
希望をみせることで、アウフヘーベンを成し遂げ、次のループ構造へと
進んでいく・・・。


今の僕には『CATS』はそのようなメッセージを
発しているような気がしてなりません。


11月11日まで、『CATS』はどんな新しい顔を見せてくれるのでしょうか?
今後も眼が離せません。


まだ観てない人は是非、この機会をお見逃しなく!!


【おまけ】
今回の座席は回転S席で、タガーと握手できました。
握手の際、「めっちゃかっこ良かったよ!」って一言いったら
”誠に光栄です!”とでもいうかのような
胸に手を当てた仕草をしてくれました。
田邉タガーは天の邪鬼ではなく実はジェントルマン?

そして、僕が敬愛してやまないボンバル麗子様が北海道での
ライオンキングの仕事を終え、今回の舞台では
ボンバルリーナにカムバックしてくれました。

舞台にいる時に目が合ったので、口パクで「最高でした!!!」と
想いを伝えたら、なんと!!!普段のボンの握手ルートではないにも関わらず
僕のところに来て僕と嫁に握手をしてくれた!!

来る分けないと思っていたので、あっけにとられて握手しちゃったけど、
後から思い出せば出すほど、もの凄く素敵な思い出を
プレゼントしてくださったんだなーと、
ボンバル麗子様への敬意がさらに高まりました(笑)。

嫁がいみじくも「麗子さんのボンはボンのあるべき姿だよね!」と
言っていましたが、まさしくその通り!

ダンスのキレ、観客へのパフォーマンスと気遣い&おもてなし・・・。
まっことプロフェッショナルという言葉に相応しいネコ。
それがボンバルリーナ演じる西村麗子さんだと思いました。


それから、夏のシーズン限定でウチワを貰いましたw。