2012年3月11日日曜日

震災から1年

あれからもう1年になるのですね・・・。
1年前の2011年3月11日(金)、14時46分に東日本大震災が起きました。

33年の人生において最大の地震でした。
僕は東京に居て仕事をしている最中でしたが、人生初の大揺れのなかで
下手すりゃ死んじゃうかも?なんて思いながら
お客様と一緒に地震が収まるのをまっていたのを思い出します。

宮城県に住む両親も地震の被害に合い、母親は車が津波に流されつつも
なんとか避難することができ、父親も無事に生きていました。
二人と連絡が取れたのは震災後4日目でしたが、連絡がつくまでは
全く持って生きた心地がせず、ただただテレビで状況を追いつつ
繋がらない携帯電話に電話したりメールしたりと、不安なまま過ごしました。

あれから1年たった今日、僕は嫁さんと一緒に劇団四季の「秋」劇場にて
『ユタと不思議な仲間たち』を観劇してきました。

劇団四季の皆さん、東北の人たちを励まそうと、東北沿岸部の学校の体育館で
この演目を公演し続けてくださったわけですね。

東北での特別公演の模様を舞台のVTRを観て、作品の内容だけでなく、
その活動の素晴らしさとありがたさに
ただただ泣くしかなかったのを思い出します。
公演場所の一つが僕の通っていた中学校でしたし、もう一つの場所が
僕の母親が避難していた学校だったから、尚更いろいろな想いが交錯し
感情が制御できなくなったんでしょうね・・・。

そんな劇団四季の『ユタと不思議な仲間たち』が期間限定で東京に帰ってきました。
そして、東京公演の開幕が本日だったんですね。
四季の皆さんにお礼をしなくては!という想いと、作品を生で観たいという想いがあり、
嫁さんと一緒に作品を鑑賞してきました。


東北特別講演を担当してくださった俳優の皆さんがそっくりそのまま
舞台で素晴らしい演技を見せてくれましたので、非常に堪えました。
作品のメッセージ一つ一つが刺さる刺さる・・・。
1年前の状況がフラッシュバックしつつ、作品のなかで色々な形で昇華され、
ほんと感情を揺さぶられた時間を過ごした次第です。

作品が終った後、東北公演の模様が写真で色々と紹介され、
寅吉じいさんを演じられた吉谷さんから挨拶があり、
その後で、俳優さんと観客で1分間の黙祷を捧げました。

最後は俳優さんがロビーで観客をお見送りしてくださるというサプライズ付き。
俳優さん全員には挨拶できませんでしたが、8人くらいの俳優さんと握手を交わしつつ
お礼の言葉を述べ、劇場を後にしました・・・。

スタッフを始めとする俳優さん達・・・大した機材も無い体育館で
真夏に公演し続けるのは本当に大変だったことでしょう。
不安に苛まれる現地の人たちに舞台を通し、希望を与え続けてくれた・・・。

劇団四季の皆さんには返しきれない恩を感じた次第です。
僕は金がなくなっても、劇団四季の舞台だけは見続けようと思いました。
ミュージカルを始めとする作品の力というものを信じているから・・・。

0 件のコメント: