2012年1月21日土曜日

これで古典がよくわかる/橋本治

「オリジナリティー」という言葉は「自分の出てきたところ=オリジン」に
由来するという意味を持つ。自分が本来持っているはずの独自性・・・。
自分の足元にある日本の歴史や文化、古典・・・。
知っていますか?軽視してはいませんか?


2008年の8月に本屋さんで手に取ってからファンになった橋本治さん。
『桃尻語訳 枕草子』や『絵本 徒然草』をはじめ、色々と読ませて頂いた
作品のうちの一つがこの『これで古典がよくわかる』です。


この本、タイトルから想像すると、古典について分かりやすく内容を紹介する、
かのような印象を持ってしまいますが、まったくもって内容は違います。
古典の中身については、ほとんど紹介されていません。

それどころか、この本の最後では、
古典を読みこなすためには知識はいるんだけど、
知識を得ようとする前に、まずは古典に慣れなさい、と言っています。
そして、古典は身体で覚えるものだから、
古典の冒頭を ”暗唱” しなさいと進めます

ですから、結論を言うと、この本を読んでも
古典が読めるようにはなりません。


では、この本は読む価値がないのでしょうか?
僕は日本の高校生の古典の教科書はこれにすべき、
と思うほど面白く価値あるものだとおもいました。

著書もあとがきで述べていますが、著者はこの本を通して
「受験生用のわかりやすい日本文学史」を書きたかったんです。

そしてこの中身が非常に面白く、古典に対する
色々な謎解きをしてくれるものになっているんですね。

皆さんは、なぜ戦前の大日本帝国憲法が
漢字とカタカナで書かれているか説明がつきますか?

紀貫之が、男にも関わらず女のフリしてひらがなだけで
土佐日記を書かなければならなかった理由が説明できますか?

なぜ漢字を真名と呼び、ひらがなやカタカナを仮名と呼ぶか分かりますか?


僕が思うに、この本は、極めてやさしく分かりやすく日本文学や
日本語の変遷史、ひいては日本思想史のベースを解説してくれている希有な1冊です。

無文字社会だった日本がどのようにして言葉を作り出してきたのか。
その過程でどういう思想傾向のもとに、どういう文学的変遷をたどって
今に至るのか・・・日本人としてのオリジンを探る上でも知って損はない1冊。




0 件のコメント: