2011年12月25日日曜日

2011年クリスマス観劇ツアー:その2



2011年クリスマス観劇ツアーの第2弾は、
毎度おなじみの『キャッツ』です。

実は今日がキャッツを初めて観て、
まるまる1年がたった記念日なんですね。

嫁さんに頼まれてキャッツを一緒に観に行ったのが
2010年の12月24日でした。

初めて観たキャッツは、カッコイイ&カワイイネコが
沢山でてくるけど、物語はいつはじまんのかな〜と思っていたら
いつの間にか終ってた(爆)。というようにキャッツの魅力を
何一つ明確に掴まずに終ってしまったという記憶があります(笑)。

丸1年経ってみて振り返ると、なにやら感慨深いものがありますね。

嫁さんの友達と一緒に最前列での鑑賞でしたが、
いやはや面白いのなんの・・・。

何度視ても飽きず、常に新しい発見があるキャッツです。
この1年で、すでに30回以上鑑賞し、歌も踊りも殆ど暗記していますが
それでも楽しい!楽しすぎる!!!そして、何より深い!!

改めてその魅力を問われれば・・・

1.24匹のネコ、それぞれの人生(ジェリクルライフ)が
なにかしら自分の人生とオーバーラップする瞬間がある
2.ジェリクルキャッツの生き方には、
人として忘れがちな基本が沢山つまっている
※歌と踊りを通して、絶対的な野性の美学が観るものの人生を揺さぶります
3.グリザベラの生き方を通して、新しい人生の始め方を学ぶことができる
4.舞台と客席が近く、自分も25匹目のジェリクルとして
舞台に参加しているような気分になれる
※実際、毎回、一人の女性が舞台に
連れ去られジェリクルの仲間入りをしますしw
※カーテンコールにおいてジェリクルと握手できます(席によるけど)
5.想像を超えたエンターテイメントにより、現実をわすれて没頭できる

とまぁ、いろいろありますね。

そんな素敵なキャッツ、今日はクリスマス特別カーテンコールもあり
面白さ100倍でした。

今日、特に僕の眼を引いたのは・・・。

まず最初に、毎度おなじみのジェリクルソング!!
全員で踊る一糸乱れぬそのダンス・・・ここから既に
ジェリクルマジックに掛かりますね。

そしてその後のネーミング・オブ・キャッツ。
今日は壇上からディミータ演じる
増本さんに視線ロックオンされました。

増本さん、チョー綺麗で優雅!!
すらっと長い手足を存分に使って
魅せてくれるダンスは鳥肌ものです。
キレがあって優雅、かつ迫力あるダンス・・・。
なかなか観れませんね、こういうダンスは。

マキャヴィティのダンスも眼が釘付け!!
いつもはボンバルリーナに眼が行くのですが、
今日ばかりは増本さんの演技に心奪われましたw。


次に魅了してくれたのが、ヴィクトリア演じる斉藤さん。
僕、斉藤さんが演じるヴィクトリアかなり好きなんだよね。

いつもニコニコしていて、品があって華がある。
ジェリクルムーンのもとでの月光浴のシーンなんかは
ほんと観ていてうっとりします。ヴィクトリアがいくところ
綺麗なシルエットができているよう・・・。
でも、優しいだけがヴィクトリアではないw。
所々で、シャーって叫んでいてメッチャ素敵でしたw。

それから、今日の個人的MVPの一人目はバストファージョーンズ&
アスパラガス&グロールタイガーの3役を演じる橋本さん!!
特にグロールタイガーのシーンは過去最高に面白くかっこ良かった。
今日のグロールタイガーにはちょっと唸りました。
凄いです、橋本さん!!
グロールタイガーの相手役をつとめるジェリーロラムも好かったな。
久しぶりの朴さん演じるジェリロ。やさ〜しい感じがなんとも言えませんね。


今日の個人的MVPの二人目はミストフェリーズ演じる永野さん。
ちなみに、ミストフェリーズは震災後の4月に観た、松島さん演じるミストが
過去のベストミストでした。震災後の色んな感情を松島さん演じるミストの
マジカル連続ターンがすべて吹き飛ばしてくれた・・・。
だから僕のミストNo1だったんですけど、
今日の永野さんはそれを越えましたね。

ダンスで人を救えますか?
もちろん物理的にはダンスで人を救うことなんてできません。
でもダンスは精神的に人を救う力と可能性をもっています。
永野さんのダンスにはそう感じさせてくれるものがあります。

特に、ミストフェリーズのマジカル連続ターン・・・。
僕はあのターンに、勝手に!!ではありますが、
永野さんの祈りを感じました。

まるで皆の悩み悲しみ不安、少しでも昇華できるよう踊ります・・・。
生命のかけがえ無さを感じながら、
全身全霊でダンスするミストフェリーズ・・・。
ここまで書くと大げさですか?
僕にはそう感じられてしようがなかった。

マジカル連続ターンの最後のスピンフィニッシュ・・・。
僕はつきものが落ちたような感じがしました。
救われたような気がしました。
永野さん、本当にありがとうございます。
あのターン、生涯わすれません。

MVPの最後、これはシラバブ演じた五所さんで決まり!!
クリスマス版カーテンコールの五所さんの可愛らしいバブちゃん。
あれは犯罪級の可愛らしいさです。
お魚をお腹いっぱい食べて、疲れて寝ちゃうバブちゃん・・・
タガーのプレゼントを喜び、タガーにすりすりするバブちゃん・・・。
一つ一つの仕草が、ほんとうにメンコイw。
あのシーンはミストもかなり可愛いんだけどさw。

MVPなどと書いてみたものの、
正直なところジェリクル全員がMVPなんですよね。

武藤さんは1年とおして殆ど出ずっぱり。
そして、常に変わらぬ安定感!!

ジェニエニドッツの鈴木さんも、元気全開!!
見る人は絶対にパワーをもらえるし。

タガーの田邉さんは格好良すぎだし!!
カーテンコール時に「田邉く〜ん!!」という
黄色い歓声でまくってたしさ(笑)。
※くんはねーだろ、せめてさん付けにしとけと思ったけどw。

コリコ、ランパス、カーバの3人は台詞こそ少ないけど
メチャクチャ重要な立ち回りしてる!!
コリコ入江さんとカーバ光山さんとランパス高城さんは
ジェリクル舞踏会の立役者だよ!!
ランパス高城さんのラストのI字バランスはいつ観ても感動!!

マンゴー虎太郎さんとランペル石栗さんの2人は、
呼吸ぴったりで最高にお茶目なドロボー演じてくれる!!

タントの高倉さんはその存在が美そのものだし・・・。
踊るとそこだけ空間が変わるくらいのダンス表現力!!
高倉タントは最強なのです。

チャンミンさんのスキンブルは
いつみても観客を希望という名の列車に乗せてくれる!!

マキャヴィティ檜山さんもカッコいい・・・。
なんてったってナポレオン・オブ・クライム!!
檜山さんVS武藤さんのシーン、特にお気に入りw。

孫悟空こと、ギルバート新庄さんは大分ギルバートが板についてきて
今日の橋本さんのとの絡みは堪能させて頂いた!!

蒼井さんと松永さんの美男美女ジェリクルカップルは
いつも優雅で上品なカップル!!

佐渡さんのグリザベラ・・・これは毎回毎回進化している。
佐渡さん、歌も当然のように上手ですが、それ以上に表情含めた演技が
図抜けています。毎回、天上に昇るシーンでは泣かずにはいれません。
そんな切ない演技、普通できませんよ。


ということで、みんな素敵な個性をもつジェリクルなんですよね。

来年も、キャッツからは眼が離せません。

0 件のコメント: