2011年11月29日火曜日

経験からの学習 ~プロフェッショナルへの成長プロセス~/松尾睦

仕事がらみで読んでいる本の読書メモ
そのうち、ちゃんと整理したエントリーにしますが、取り急ぎUp。




◆研究テーマの背景
現在の日本企業では、経験からじっくり学ぶことが難しくなっていると思われたから。
※現状は、人材の促成栽培が求められ、短期的な成果をあげなきゃいけないプレッシャーのもと
のびのびと挑戦的な仕事をする機会が減っている。

◆経験から学ぶための3要素
1.よい経験にめぐり合うこと(経験)
2.よい経験から多くのことを学ぶ力をもっていること(学ぶ力)
3.よい経験を積む機会が多く、学ぶ力を養ってくれる組織に所属していること(組織)

本書は上記2の学ぶ力を経験学習プロセスを解明する鍵として、フォーカスを当てている。

◆本書のメッセージ
人は、健全な組織において、適正な信念を育むときに、経験から多くのことを学ぶことが出来る
※信念が育っていない状況では、ナレッジマネジメントなどありえない。

◆本書における研究の枠組み
問い:企業における熟達者は、いかに経験から学んでいるのか?

アプローチ
1.経験そのものの特性分析
2.学習する個人の特性分析
3.学習を促進する組織の特性分析

◆言葉の定義
「プロフェッショナル」・・・優れた知識や技能といった技術面だけでなく、
他社の援助や公共の利益への奉仕といった精神面においても高いレベルを持っている人。
もともとはプロフェッション(信仰告白)という意味を持つ。
古典的には聖職者、医師、弁護士が3大プロフェッションといわれている。
キリスト教の影響もあって、プロフェッションは利他的な性質を持つ。
プロフェッションは職業人としての立場を堅持するためにも自立自営が可能であることが条件とされた。
その特質としては以下の6つ。
①専門的なサービスを顧客に提供するために知識・スキルを獲得する
②同業者集団に準拠する
③職務を遂行する上で地震の判断に基づいて自立的な行動をとることができる
④同僚や顧客から専門家として認められる
⑤顧客の目標達成を助け、公共の利益に奉仕することを重視する
⑥職業に対する愛着を持って、たとえ外的報酬が無くてもその分野で働きたいという献身的な姿勢を持つ

「熟達者」・・・特定の領域で、専門的名トレーニングや実践的名経験を積み、
特別な知識や技能を持っている人。
特徴は以下の4つ。
①特定の領域においてのみ優れている
②経験や訓練に基づく構造化された知識を持つ
③問題を深く理解し、正確に素早く問題を解決する
④優れた自己モニタリングスキルを持つ
※構造化された知識=フレームワークと言えるかもしれない。

「学習」・・・既存の知識、スキル、信念が変容する過程のこと。


「知識」・・・多くの人によって共有された社会的な事実。

「信念」・・・個人としての理想や価値を含む主観的な概念。
※ある意味でその人を動かす基準となっている個人的な理論と言える。
人は信念に価値や機能性を感じるほど、それを保持する傾向がある。

「経験」・・・人間と外部環境との相互作用のこと。
経験を分類すると"直接経験"と"間接経験"、そして"外的経験(客観)"と"内的経験(解釈・理解)"の
4象限に分類できる。


◆学習を促す職務
異動・・・・・・・・・・・・・・・・・不慣れな任務
自身の力量の証明
タスク特性・・・変化の創出・・・・・・新しい方向性の構築
引き継がれた問題
リストラの決定
問題のある従業員
高いレベルの責任・・・難易度の高い職務
幅広いビジネスの管理
過重な職務
外部圧力の処理
権限を使わない管理
非権威的な関係・・・・逆境にあるビジネス状況
障害・・・・・・・・・・・・・・・・・トップマネジメントの支援不足
個人的支援の不足
扱いにくい上司

異動が学習の程度と正の相関が最も高い。
障害については学習と負の相関が見られたそうだ。


◆経験から学習する能力
以下の4点で構成される。
1.自分の能力に対する自信(楽観性、自尊心)
2.学習機会を追い求める姿勢(好奇心)
3.挑戦する姿勢(リスクテイキング)
4.柔軟性(批判にオープン、フィードバックの活用)


◆コルブの経験学習モデル
1.具体的な経験をする(経験)
2.1の内容を振り返って内省する(内省的な観察)
3.2から得られた教訓を抽象的な仮説や概念に落とし込む(抽象的な概念化)
4.3を新しい状況へ適用する(積極的な実験)


◆実践における学習の限界
・失敗による学習が構造的に難しい
・時間的制約がある
・その場に応じた適切な指導が受けられるとは限らない
・ある特定段階の学習レベルに満足してしまう
・現場での知識が固定化し、新たな環境への適応を阻害する


◆本書の結論
①人がある領域において優れた知識・スキルを獲得するには約10年かかり、
6~10年目の中期の経験が熟達の鍵を握る
②人は主に挑戦的な仕事から学ぶが、領域が異なると挑戦の仕方も異なる
③人は、目標達成志向と顧客志向の信念のバランスを保つとき、経験から多くのことを学習する
④人が学習目標を持つとき、目標達成志向と顧客志向の信念が連動する。
⑤顧客を重視し、メンバーが知識や行動をめぐって競争している組織において、
目的達成志向と顧客志向の信念が高まり、組織内の学習が促進される


◆組織学習の仮説的モデル
組織特性
⇒内部競争
⇒顧客志向

仕事の信念
⇒目標達成志向
⇒顧客志向

経験学習
⇒時期⇔タスク特性⇔領域


◆メモ
・成人の能力開発の70%以上は経験によって説明することができる。
⇒良質な経験を積ませることが、優れた人材を育成する鍵となる。

・ナレッジマネジメントの弊害は直ぐ探す癖がついてしまい、自分で考えることをしなくなりやすいところ。

2011年11月28日月曜日

The Road to Garden Cress

しばらくご無沙汰していたこのブログですが、
TwitterやFacebookで呟くだけではなく、
日々感じたこと考えたことを一定のまとまった文章にするのも
大事だなと考えている今日この頃です。

ということで、久しぶりのエントリーです。
題して『The Road to Garden Cress(ガーデンクレスへの道)』。

まず、ガーデンクレスって何ですか?というところから。
ガーデンクレスとは、私のお気に入りのペンションです。
新潟の岩原スキー場のゲレンデ内にある、
それはそれは素敵なペンションです(リンクはこちら)。

昨年、年末に左目を手術したためにスノーボードができず、
その代わりにオフシーズンにガーデンクレスに遊びに行ったんですね。
そうしたら、ガーデンクレスを始めとする越後湯沢の
オフシーズンの魅力にすっかりやられてしまい、
今年もやってきたというわけです。

昨年は奥さんと、奥さんの家族を連れてきましたが、
今回は兄弟のように仲の良い会社の同僚と3人でやってまいりました。

11月26日の早朝(6:30)くらいに横浜をでて、
愛車のパジェロミニで新潟に向かいました。

関越にのるまでに渋滞で時間がかかりましたが、
関越にのってからはスイスイと・・・。
途中1回だけ休憩を取って4時間かからないくらいで
越後湯沢に到着しました。

11時くらいについたので、まずは美味しい昼ご飯を!!
ということで、新潟で有名な小嶋というおそば屋さんに行きました。
私たちが行ったのは、小嶋の越後湯沢駅の中に在るお店です。
※本店は別なところにあるそうですが、そっちは行ったことありません。

ここのおそばがもの凄く美味しいんですよね。
お蕎麦にノリが入っているため瑞々しくこしがあって
ほんとーに美味しいお蕎麦です。

こんな感じ、ということで写真を。



食事を終えて向かった先が、越後湯沢駅から車で大体1時間くらいの
ところにある赤城山、西福寺・開山堂というところです。

道元禅師が開かれた曹洞宗の系列になるお寺のようです。
お寺自体は、室町後期の1534年に作られたそうです。
そして、1857年に23代目の和尚さんによって
初代和尚と開祖道元をおまつりする場所として
開山堂が立てられたんだとか。

ここは何が凄いかというと、開山堂の天上に備え付けられている
道元禅師猛虎調伏の図』と呼ばれる大彫刻なんですね。

この大彫刻は本当に圧倒される作品です。
連れて行った二人も度肝を抜かれるくらいの彫刻でした。
この作品、石川雲蝶という人がひとりで6年かけて作ったそうです。
ほんと凄まじいパワーを持った彫刻ですよ。

この場所、知ったのは去年ですが、
実は「越後日光」といわれるくらい凄い場所だったようです(笑)。

正面から見るとこんな感じ。




拝観を終えてから、次に向かったのは私の大好きな大源太キャニオン。
越後湯沢えきからだと、車で約20分くらいです。

11月末だったこともあり、雪に備えて吊り橋などは
一部通交不可になっていましたが、それでもこの時期の大源太は
ほんとーに美しかったです。

紅葉がかった山々を写す湖の美しさ・・・。
自然ってほんとうに凄いなーとため息さえでるほどです。

こんな感じです。








こんな奇麗な景色、東京では見れませんね。
自然がつくる偉大な美しさに身も心もリフレッシュさせてもらいました。

この後は、お待ちかねのガーデンクレスへ・・・。
やはりここはいいですね。

オーナーとその奥様が出迎えてくれましたが、
お二人に会うとホッとします。

18時からディナーということで、それまで部屋でお菓子を食べながら
馬鹿話をしたりPSPをやったりと、仲間3人でわいわいやりました。
ディナーの前に露天風呂を頂きましたが、心の垢が全部落ちる感じw。
い〜い湯でだよ〜、ハハハン♬




そして18時、我々3人が心待ちにしていたディナータイムであります。
かれこれガーデンクレスにお世話になって5年くらい経ちますが、
これまでここで頂いた食事で”普通”だったものは一つもありません。
※もちろん”不味い!!”なんていうのは皆無。

毎回毎回、感動の料理とオーナーの奥様が
最後に出してくださる失神もののスイーツ・・・。

私は結構、美味しい料理を出してくれるところに対しては
真剣勝負を挑んでいるつもりなんですけど、
ほんとここの料理とスイーツに関しては参りましたの一言です。

なんてったって前菜から失神寸前の美味しさですからね。
そしてスープ、魚のフライ、サラダ、お肉、新米のコシヒカリが
絶妙なコンビネーションででてくるわけです。

男三人、チョーウメーとか、まじ半端ねーとか、ヤベーという
30過ぎとは思えないくらい貧弱なボキャブラリーを駆使して
賛辞の言葉を述べまくる・・・。
まさに、最高の料理を喰らう地獄の餓鬼みたいなもんですわ。

そして、最後にでてくる
天才パティシエのりこさん(オーナーの奥様)による超絶スイーツ!!

いつもは写真なんて取らないんですけど、
今回ばかりはこの素晴らしさを
ブログに書きたくて写真を撮ってしまいました。



仲間の一人は果物があまり好きじゃない奴でしたけど、
ここのは食べられるほど美味しいフルーツ(柿と梨)と
アイス、ケーキ、プリン・・・。

3人ともご飯をオカワリしたりしていて、もう食べれない!
なんていいつつ、このスイーツはあっという間に平らげてしまいました。

このタイミングで失神寸前だったのが、完全に昇天です。


恵まれた自然、恵まれた天気、そしてガーデンクレス・・・。
次の日の朝、ガーデンクレスから取った日の出の写真・・・。



毎回、ここに来ると色々な発見をさせられます。

今回の旅行では、ガーデンクレスでのおもてなしやオーナー夫妻との
お話を通して仲間3人でプロフェッショナルな仕事のあり方というものを
振返えさせられました。

当のご本人達はそんなこと意識はされていないのかもしれませんが、
私たち仕事人は市井の賢人達の何気ない仕事の中からこそ
プロフェッショナリズムを学ぶべきなのでしょう。

そういう意味で、今回の旅行は、これまで自分がやってきたことや
これから自分がやっていこうとしていることに対して
一つの方向性を与えてくれる大事な旅になりました。

いつも思います。
一番大事なことは、高原の風が運んできてくれるんだなって・・・。
私の人生に置いて、無くてはならない場所、それがガーデンクレスです。

オーナー夫妻にはいつまでも元気でいて頂いて、
毎年私たちをお迎えして頂きたいですねw。