2011年8月30日火曜日

わかりやすいはわかりにくい?/鷲田清一

生きてゆくうえでほんとうに大事なことには、たいてい答えがない。



ここのところ劇団四季オタクと化してきたこのブログではありますが、
たまには読書の感想も・・・ということで久しぶりの読書感想エントリー。


鷲田さんの感性は前から気になっていました。
何かの雑誌、もしくは新聞に掲載されていたエッセイを読んだとき、
もの凄くしなやかで柔軟だけど、ちゃんと軸のある思考をされる方なんだなぁ、
というのが第一印象です。大学時代でしょうか・・・。

そういう好印象を持ちつつも、著書を読むのは今回が初めてです。
松岡正剛ことセイゴオ先生の『フラジャイル』を読んでいて、
ふと「弱さ」を取り上げていた鷲田さんをまとめ読みしたくなったんですね。

本屋に行って5、6冊まとめ買いした中で、一番最初に手に取ったのが
今回ご紹介する『分かりやすいはわかりにくい? −−臨床哲学講座−−』です。

本書のもとになったのはNHKラジオの連続講義です。
もとは『シニアのための哲学 −−時代の忘れもの』と題されたテキストでしたが、
これに加筆訂正したのが本書です。

ですから、書いている内容は大人(シニア)向けです。
中学、高校生が読んでも本書で取り上げられている
問題意識が共有できないかもしれません。


そしてたとえ大人であっても、問いに対して答えが用意されていないことに
耐えられない人が読むと「つまらない」で終ってしまうかもしれません。

本エントリーの冒頭にあげた言葉。
そう、この本に出てくる問いには答えなんかない。
あるのはヒトを考える上で本質となる「問い」と
「問いに対するアプローチの仕方」だけです。

でもこれでいいんです。これがいいのです。
哲学するというのは「問いを共有すること」なのですから。

本書では以下、13の問いが用意されています。

第1章:問いについて問う―意味について
第2章:こころは見える?―ふるまいについて
第3章:顔は見えない?―人格について
第4章:ひとは観念を食べる?―生理について
第5章:時は流れない?―時間について
第6章:待つことなく待つ?―ホスピタリティについて
第7章:しなければならないことがしたいこと?―責任について
第8章:所有できないものしか所有できない?―自由について
第9章:同じになるよりすれ違いが大事?―コミュニケーションについて
第10章:できなくなってはじめてできること?―弱さについて
第11章:憧れつつ憎む?―家族について
第12章:未熟であるための成熟?―市民性について
第13章:わかりやすいはわかりにくい?―知性について



これらの問いはよくよく考えると哲学や心理学や
文化人類学などの歴史において数多の学者が共有してきた、
そして考え続けてきた問いなんですね。
なので本気で系統だって考えようとすると、問いごとに
数多くの書籍にハイパーリンクすることができます。

時がたってもヒトが生きるうえで向き合わなければいけない問いというのは
あまり変わらないのだなぁ、と感じることもあるでしょう。
また、ヒトによって、うまく問いを共有することができれば、
己という存在が歴史的な存在であるというこを感じることができるでしょう。


ヒトという生き物はなぜか「自我」を持ってしまいました。
「意識」をもってしまいました。「理性」をもってしまいました。

これにより”なぜ”から離れられなくなりました。
生きる目的、生きる意味・・・こういうある意味でフィクションを
作らないと不安に苛まれてしまいます。

でもそんなものは最初から与えられてなんかいません。
ヒトは最初から「欠けた存在」なのでしょう。

「欠けた」ものを補償したかったのでしょうか・・・
色々な物語や観念や思想体系、沢山の物理的なモノを作って所有してきました。
猪突猛進してきました。

でもそんな考えが壁にぶつかっているような気がするこのごろです。


豊かなのか貧しいのかよくわからない時代・・・。
たまには本書を手に、様々な問いに対して
多様なまなざしを向けてみてはいかがでしょうか?


問いを共有できさえすれば、何かが見えてくるはずです。



2011年8月25日木曜日

クレイジーフォー・ユーの魅力

できればいいな〜♪ やればできる〜でしょ〜♬




瞬間風速的に『CATS』を上回って僕を魅了しているミュージカル・・・。
それがこの『クレイジーフォー・ユー』です。

8月13日に初めて観劇して、心の底から感動に震えさせてもらいました。
古き良きアメリカ時代を背景に、男女のハートフルな恋愛物語を
ガーシュインの素敵な音楽とテンポの良いタップダンスと笑いで
一杯にしたのがこの作品。

1度見て雷に撃たれたような衝撃を受けましたが、
何にこれほど衝撃を受けたのか分からず、そしてあの楽しさと感動が忘れられず
8月20日にもう一度観に行ったわけです。

その後、『クレイジーフォー・ユー』の劇団四季オリジナルキャスト版と
オリジナルロンドンキャスト版を手に入れ、聴き比べてみて
改めて劇団四季の『クレイジーフォー・ユー』がどんだけ凄いかを
再確認した次第です。


それにしても、なにゆえこの作品はこれほど
自分にとって魅力的なんでしょうか?
絶対不動かと思われた『CATS』を瞬間風速的に越える
その魅力って何だろう・・・。
色々と考えてみて、いま分かった範囲の感想を
少しまとめてみたいと思いました。



ストーリー

劇団四季の作品紹介ページにストーリーが紹介されていますが、
典型的なアメリカン・ラブコメディといえるでしょう。
僕自身、ラブコメは好きな方ですが単にストーリーだけであれば
ここまで感動はしないはず。ストーリーを彩る他の要素があってこそ・・・。





ダンス

他の要素の一つがダンスです。
このストーリーはダンス無しには成立しないでしょ!
というくらい楽しくワクワクする観ていて感動的な
ダンスシーンが沢山あります。

特に、前半最後の”I Got Rythm”のダンスシーンは必見です。
あのタップダンスを観て感動しない人はいないのではないでしょうか。

俳優さん達の感情がそのままダンスになったよう・・・。
コミュニケーション・・・決して台詞だけでは成り立っていないことを
証明してくれます。色んな表現方法をもっているんですね。ほんと素敵です。





音楽

そして、この作品を彩る大事な要素、
間違いなくガーシュインの珠玉の名曲の数々。
この舞台を観る前からガーシュインの音楽は大好きでした。
特に映画『巴里のアメリカ人』で聴いた”I Got Rythm”は最高でした。

この舞台では、僕の好きな”I Got Rythm”の他にも聴いていると
踊りたくなったり、嬉しくなったり、泣きたくなったりと
音楽の万華鏡ともいうべき作品が沢山詰まっています。

そして、ガーシュインの名曲を劇団四季が舞台にする際に
素晴らしい日本語の詩を付けているんですね。
僕は最初、"I Got Rythm"を日本語の詩で聴くなんて信じられませんでした。
正直、ちょっと馬鹿にしていたくらい。
しかし、実際に舞台に行って松島ボビーや秋ポリーが歌っているのを聴くと、
言葉ひとつひとつが優しく楽しく心にスッと入ってくるではありませんか。

正直マジックかと思いました。

調べてみると、この作品の歌詞は劇団四季の関係者だけでなく、
ガーシュイン愛好者でイラストレーターでもある和田誠さんが
担当しているんですね。そして、またこれが素晴らしいんです。
曲と合わせて口ずさんでいるとその素晴らしさが分かります。
原曲でふんだんに使われている韻の調子を損なうことなく、
日本語で小気味良く韻を踏んでいるんですね。
恐れ入りました、ホントーに。

僕が大好きな1曲に「Nice Work If You Can Get It」があります。

これが原曲ではこんな詩になっていますが・・・

(原曲の最初の部分)
The man who only live for making money
Lives a life that isn't necessarily sunny;
Likewise the man who works for fame --
There's no guarantee that time won't erase his name
The fact is
The only work that really brings enjoyment
Is the kind that is for girl and boy meant.
Fall in love -- you won't regret it.
That's the best work of all -- if you can get it.
Holding hands at midnight
'Neath a starry sky...

Oh that is nice work if you can get it.
And you can get it -- if you try.
Strolling with the one girl
Sighing sigh after sigh...
Oh nice work if you can get it.
And you can get it -- if you try.




これが和田さんの手に掛かると・・・


お金のために働く人
名誉ばかりをほしがる人
そんな人生つまらない
若い時は二度とこない
たからほんとの人の幸せ
彼と彼女が顔見合わせ
恋に落ちること
それこそ素敵な仕事
星空の下 手をつなぎましょ

できればいいな
やればできるでしょ

肩を寄せて
ささやきましょ

ああできればいいな
やればできるでしょ


どうですか?
見事、日本語の詩でも韻を踏んでいますね。
そして、これを歌う、松島勇気さんやCDではオリジナルキャストである
加藤敬二さん演じるボビー・チャイルド。
この人たちの歌声がまた素敵なんですよね・・・。

この歌が流れるシーンは、愛するポリーを一旦はあきらめて
NYに帰ってきたボビーが、劇場を前にふとポリーを思い出し、
彼女への愛を再確認し、「ポリィィィ〜〜〜〜」と叫んで
銀行家の跡継ぎとかそういう一切合切を捨てて
彼女のもとへ走り出すシーンなんですよね。

僕はいつもこのシーンを観ると泣けてきます。

♬〜お金のために働く人
名誉ばかりをほしがる人
そんな人生つまらない
若い時は二度とこない
たからほんとの人の幸せ
彼と彼女が顔見合わせ
恋に落ちること
それこそ素敵な仕事
星空の下 手をつなぎましょ〜♬


人は生きるためには稼がなければなりません。
多少の名誉をほしがるのも人の常。
でも、そういうものよりも彼が愛したもの。
歌と踊りと彼の最愛の人、ポリー。
彼女のためにすべてを放り出してひたすら走り出していく・・・。

「できればいいな♬」から「やるしかないだろう♬」と覚悟を決めて。
この姿こそ僕が純粋に憧れ応援し共感する男の姿。
愛する女と一緒にいなくて何が人生じゃ!!と。

おそらく僕の中にある日常では出すことのできない
強烈な幻想というか妄想を、もの凄く純粋なかたちで実行し、
最後はハッピーエンドに昇華してくれるボビー・チャイルド。
この役柄に僕は何かを託しているんでしょうね。
「仮託」という方法を使って、想いを昇華し日常に戻っていく・・・。

ほんと、このミュージカルは色々なことを僕に与えてくれる
かけがえのない美しく愉しい最高のミュージカルです。

このミュージカルに関わった関係者全員に乾杯!!


皆さんもいかがですか?
こちらが劇団四季版。
加藤敬二さんがボビーで、保坂知寿さんがポリー。
このコンビ、鉄板です。




こちらはロンドンキャスト版です。
これはこれで素敵。


2011年8月22日月曜日

劇的なる生活 〜其の四『クレイジー・フォー・ユー』〜

ため息なんか用はない。お金もいらない。
小鳥は歌う、声合わせ、歌えば幸せ。
私も歌う、幸せだもの。
見てよ私が、手に入れたもの・・・。
このリズム、このミュージック、この恋、他にはいらない。



ニューヨークの銀行の跡取り息子でボンボンの
ボビー・チャイルドとネバダ州デッドロックの田舎娘のポリー・ベイカーの
底抜けに楽しく笑えて泣ける恋と笑いとダンスのラブコメディ・・・
これがクレイジー・フォー・ユー。

8月13日に初めて観て、あまりの素晴らしさに感涙し、
どうしてもあの感動が忘れられず、昨日2度目の観劇をしてきました。

ポリーの気を引くためにボビーはザングラーという他人を演じますが、
ポリーはザングラー(ボビー)を好きになってしまう・・・。
この微妙な三角関係を甘く切なく楽しくしてくれるのが、ガーシュインの音楽。

君は僕をキライというけれど、
でも君が恋したのは僕なんだよ・・・!?

いつの時代も恋の駆け引き、
そして恋する男女は美しいということを
教えてくれる最高の作品です。


ほんとね、この作品いいんだわ。
まずボビー役の松島さんが素晴らしい。
つい先日まで『アンデルセン』でバレリーナやってたくらいなので
踊りは超一流だし歌も上手。松島ボビーを見ているだけで元気になります。


そして、テス役の高倉さん。
最近は『CATS』のボンバルリーナをやっていて
そのスタイルの良さとダンスの超絶さはこの目で知っていました。
でもそれ以上にテスを演じる高倉さんは美しかった・・・。
ネコメイクをしていない分だけ、
高倉さんの素の美しさがこの役では引き立ちます。
手足が長いだけでなく、一つ一つの動作が際立っているんですよね。

心の底から美しいと思いました。
僕の前に座っている女性のお客さんも
「高倉さん奇麗ー!!」って見とれているくらい。

女性も見とれる美しさ・・・。
これは見逃せないでしょ。

そしてポリー役の秋夢子さん。
お恥ずかしながら僕、この方の演じるポリーに一目惚れしました。
勝ち気な田舎娘だけあって、ツンデレでヤンチャなんですけど
最後に見せるボビーとのはにかんだ幸せ顔・・・惚れるよあれは。


ほんと、ブログ書いてるだけで思い出して気分がウキウキしてくる
クレイジー・フォー・ユーです。

ボビー・チャイルドの生き方・・・憧れます。
僕も歌って踊って生きていけるといいなぁ、って。
でも僕はそういう風には生きられない・・・だから劇場に通うのです。





2011年8月21日日曜日

劇的なる生活 〜其の三『アンデルセン』〜

私の青春はまるで美しい童話そのものです。


7月16日にJCSを観たその足で連続観劇したのが『アンデルセン』です。

アンデルセンと言えば、少年少女がよく読む童話を沢山書いた名作家。
そして、彼の青春時代が美しい童話そのものだった・・・ということで
、彼の美しくも叶わぬ青春時代の恋を奇麗なダンスと素敵な歌で表現した
珠玉の一品が『アンデルセン』物語です。

ハンス・クリスチャン・アンデルセン・・・。
舞台を通して、この人の生き方からも色々なことを教えてもらいました。

多様な人生の重要性。想いを伝える方法というのは必ずしも一つじゃなくていい。
想いがストレートに成就しなくても、それはそれで人生の1ページ。
大事なのはそこから自分をどのように方向付けて行くかということ。

彼の場合は成就しなかった恋を胸の中で温め続け、
それを美しい童話へと昇華させたわけですね。

彼が恋したバレリーナ、マダム・ドーロに別れを告げる時の
台詞がまたたまらんのですわ・・・。

「忘れるものですか・・・。あなたがたが僕の人生を開いてくださったのです。」

恋し、愛した女性に対する感謝の言葉。泣けました・・・。


舞台を観る・・・という行為は一体なんなのでしょうね。

僕は最近、「交換の儀式」なのかと思えるようになってきました。
舞台という非日常の場に、日常では決して「昇華できない想い」を託して、
俳優さん達に昇華してもらう。そして「昇華された想い」としての
感動や勇気や愛を返してもらい我々は日常に帰る・・・。

強く優しくしなやかに生きる。
僕にとって舞台は、そのためのなくてはならない要素になってきました。

劇的なる生活 〜其の二『ジーザス・クライスト・スーパースター』〜

私は理解が出来ない。
大きなことをしなければ、こんなにならずに済んだのに、時代もところも悪かった。
今なら世界も動かせた。昔のイスラエルじゃテレビもないさ。
気を悪くしないでくれよ、気を悪くしないでくれ。
考えを知りたいだけ、考えを知りたいだけさ・・・。







千秋楽の前日である7月16日に嫁さんと初鑑賞してまいりました。
A・L・ウェーバー作曲の『ジーザス・クライスト・スーパースター(JCS)』


キリスト教には浅からぬ関係のある僕の人生・・・。
おっかなびっくりでJCSを観に行きましたが、これがまた凄まじいのなんの・・・。
ジーザス役の芝さん、ユダ役の金森さん、このコンビは無敵じゃないのか・・・。


ジーザス、死までの7日間を描いた作品ですが、
一つのキリスト解釈として物語自体も楽しめました。


「救世主イエス」という視点ではなく、側近のユダからみた
「愛してやまなかった人間イエス」という視点で描かれています。


不条理な英雄としてイエスを解釈している僕としては、
2、3カ所台詞の内容を洗練したいところがありましたが、
現代人が読むキリスト物語としては、納得いくものではないでしょうか。




物語も素晴らしいのですが、それ以上に素晴らしかったのが”音楽”です。


ウェーバーの音楽と言えば、僕には『CATS』ですが、
それとはまったく違う次元の音楽。そしてこれがとてつもない。


そしてそれを、芝さんと金森さんが全身全霊で歌う・・・。
ユダの魂に取り付かれたように絶叫する金森さんがもの凄くユダでした。


特に、死して甦り、磔にされたジーザスに対して問いかけるように歌う
「スーパースター」には心の底から震えが来ました。


劇場で観る100分の1程度しかその魅力は伝わりませんが、
ここで少し雰囲気を味わうことが出来ます。


そこで歌われる詩が、ブログのトップに書いてあるものです。


その後に続くコーラスの詩が・・・
「ジーザス・クライスト、ジーザス・クライスト。誰だ、あなたは誰だ?」
ですからね。ほんとにもう、ユダの慟哭以外の何ものでもありません。


7月17日で終ってしまいましたが、この超絶舞台、
次にやってきた時は未見の皆さん、是非その身体で舞台の凄まじさを体験ください。

劇的なる生活 〜其の一『CATS』〜


私の人生にとって、2011年は本当に間隙に観劇して感激する年です。
2010年末に初めて劇団四季に足を運び、
その時はそれほどハマりはしなかった舞台・・・。

今年の震災後、3月後半に観た『CATS』が全ての始まりでした。
そこから恐ろしいほどの勢いで『CATS』を始めとする様々な演目を
四季の舞台で楽しませて頂きました。

さっき数えたら、『CATS』は計19回観ていました(笑)。
6月20日に10回目を観ていますので、2ヶ月で9回も観ていることになります。
もうここまでくると病気というか、生活の一環ですね。

『CATS』の魅力はこれまで散々書いてきたので、繰り返しませんが
他のミュージカルと見比べた時に気付いた魅力として
「客席と舞台の近さ」を見落としていました。

『CATS』は舞台と客席が本当に近く、
俳優さんたちと鑑賞者との距離が殆どありません。

ネコたちが頻繁に客席を歩き回ってくれます。
舞台の最後にはネコ達が客席を握手するために
動き回ってくれます。これがなんとも愉しいんですね。
俳優と鑑賞者が一緒に舞台を盛り上げるというか、なんというか。

そもそもそいういう狙いがあって
創られた劇場ですからね、キャッツシアターは。
あそこ以外は、舞台は舞台、客席は客席という作りになっていますし。

ここ最近の『CATS』感激においては、嬉しい出来事がいくつか。

一つ目が「最前列」での鑑賞が叶ったこと。
最前列というのは予約しようとしても人気がありすぎて
殆ど予約できないんですよね。
しかし、先日、最前列を譲ってくださるお方がいて
念願叶って奥さんと最前列鑑賞ができました。

回転席&最前列の魅力は言葉にあらわせないものがありますね。
舞台って生きているんだなーということを肌身で感じることが出来ます。
俳優陣の息吹が伝わってくるんですよね。凄いです、ほんと。


二つ目がボンバルリーナを演じる西村麗子さんと、
2度も言葉を交わせたこと!!

西村さんは、私にその存在を持って
『CATS』の蘊奥を教えてくれた最高の女優さんです。
西村さん演じるボンバルリーナは、
ネコとして成熟した孤高の哲学&爆弾ネコです。

虚空を見つめる姿、タガーと絡む姿、ランパスと踊る姿、
マキャビティを歌う姿、ミストを見つめる姿、一つ一つが
強烈なメッセージを発しているかのよう・・・。

西村さんの演技を通して、色々と教えて頂いたわけですね。
だから、僕は「ボンバル麗子様」と勝手に慕っていたわけですw。

ですのでチャンスがあれば御礼の言葉を伝えたいな、と・・・。

そのチャンスが、ここ2回の観劇でやってきたんですね。
舞台右端のC席に2度座る機会がありました。
そして、舞台終了後の握手の時間において
「最高の舞台をありがとうございます」と一言御礼を述べて握手を!!

そしたらボンバル麗子様が
「ありがとうございます。これからも頑張ります。」と声をかけてくれました。
メチャクチャかっこよかったです。一目惚れならぬ、猫目惚れしましたね(笑)。
※2度目に御礼を述べた時は「ありがとうございます。精進します。」と


過酷な練習を乗り越えて選ばれた人たちによって作られる素晴らしい舞台。
常に最高の舞台を魅せ続けてくれる劇団四季俳優陣の皆さん、
これからも素敵な舞台を魅せ続けてください。