2011年6月20日月曜日

祝!10回目のCATS観劇。


好きで行っていて「祝」もなにも無いんですけど、
今日の観劇で合計10回目となりました。

3月半ばから3ヶ月で計10回なので、
平均月3回はCATSシアターに足を運んでいることになります。
ここまでくると、ハマったとか好きとか以前に病気ですね(爆)。
でも直す気は全くないんですよね。
観れば元気に、そして深く考えるようになるので。
もう生活の一部ですよ、このミュージカルは。

流石に10回も観ると、もう発見は無いだろう、
と思っていたのですけど・・・。

キャストが変わると、そこには
また新しい物語が生まれるんですね・・・。

今回の舞台で電撃が走ったのはグリザベラ・・・。
今週からキャストが木村さんから織笠さんに変更となりました。

過去9回、全て木村さんのグリザベラでしたので、
一体どうなるんだろうと期待半分、不安半分での観劇でした。 

期待は、新しいグリザベラの世界が観れること。

僕はジェリクルソング時の木村さん演じるお尻フリフリの
キュートなダンスで魅せるグリザベラが大好きなので、
今度はどうなんだろー?と。
それから、織笠さんはあまり高い声が出ないよ
という前評判を聞いていたので・・・。
これが残り半分の不安でした。

結果は・・・ジェリクルソング時のダンスは
フリフリがなくてちょっと残念。
でも、劇中のグリザベラをみて、不安は吹っ飛びました。

凄い、ほんと凄い。織笠さん演じるグリザベラは凄すぎる。
何が凄いって、僕がイメージするグリザベラ像を
完璧に演じきった上に、さらにその倍くらい上を行っている。
あの物語を冷静に分析すると、
絶対こういう表情、絶対こういう声を出すはずだ、
というグリザベラ像が僕にはあるんですね。
僕なりの詩『CATS』解釈とでも言うかなんと言うか・・・。

その世界観を完璧に表現されている。
これを凄いと言わずなんと言えばいいんでしょう。

ラム・タム・タガーの後の初登場のシーンで、
背筋がゾクッとしました。歩くだけでグリザベラの人生を
表現しているんだもん!!なんか凄い予感・・・。

その予感は見事に的中。
前半最後のジェリクル舞踏会の後のソロシーン。
あれはほんとに衝撃でした。胸を鷲掴みされたような感じです。

織笠さん演じるグリザベラはほんと動かないんだ。
そして動かないことでもの凄いメッセージを発するんだ。
そして、ようやく動き出すと、その動きがまた切ないんだ、これが。

過去、10回観て、前半のグリザベラで泣いたことなんか
1回も無いんですけど、今回は震えました。
ほんと、衝撃で声を失いました。
昔は美しかったグリザベラ、それが娼婦猫として
歳をとり老いさらばえてしまう・・・。

すがりつきたい昔の栄光、すがりつかざるを得ない過去の自分。
そういうもろもろの複雑な心理状況が織笠さんのグリザベラには
余すことなく表現されていると感じました。

織笠さんの歌うメモリーは、
僕にはグリザベラの慟哭にしか聞こえませんでした・・・。
それが激しく僕を揺さぶりました。
ほんと凄い、凄まじい・・・。

嫁に聞いたら、やっぱり高い音があんまりねー、とか言っている・・・。
「馬鹿たれ!!観るべき聴くべきとこはそこじゃねーだろ!!」と
休憩中に話し合いをしたら、
そんな観点では一切観てないようでした(笑)。

まー、ミュージカルに何を求めるかは人それぞれなので、
何も言いませんが、グリザベラに単に歌の上手さを求めても
しゃーないだろーというのが僕の意見です。

そう言う意味でも、僕は織ザベラがマイベストです。
織ザベラのお陰で、過去9回観てきたCATSの舞台が
全く違う舞台に見えました。

過去の栄光にケリを付け、今の自分と向き合い、
最後は一人歩き出す勇気を持つ・・・。
それを素直に感じる子供(というか子猫シラバブ)に導かれ、
最後は天上に昇る・・・。もの凄くメタフォリカルで
キリスト教的な救済の物語に見えてしょうがなかった。

子供(の猫)の素直さを通して、
大人(の猫)も自分のあり方に改めて向き合う。

この辺も、もの凄く象徴的なんだよなー。


ほんとT.S.エリオットのメタフォリカルポエムが
A.L.ウェーバーの素晴らしい音楽に彩られ、
豪華なキャストに演じられる時、
舞台にはある意味で「奇跡」が起きてるんだろうね。

ほんとそう思いました。


それから、先週、オフステージトークで話を聞けた
キャストの人たちがもの凄く身近に感じられる舞台でした。


今日の観劇後もオフステージトークがあり、
ミストフェリーズ演じる岩崎さん、マンゴジェリー演じる斉藤さん、
ラム・タム・タガーを演じる李さん、グリザベラを演じる織笠さん、
ランペルティーザを演じる大口さん、カッサンドラを演じる井藤さんの
素敵な話を聞くことが出来ました。

特に大口さん演じるランペルティーザは神がかった可愛らしさですけど、
素の大口さんはどっちかというと男前な印象をうけました(笑)。
井藤さんも(笑)。


ほんと、CATSのお陰で毎週素敵な週末を過ごせています。
キャスト&スタッフの皆さん、ありがとうございます!!

0 件のコメント: