2011年3月27日日曜日

東北地方太平洋沖地震(その一)

自分の人生で前代未聞の大地震の経験。
3月11日から2週間以上経過しましたが、
あの日以前と以後では自分の中の何かが
大きく変わってしまっています。
壊れてしまったもの、新しく生まれたもの、
変わったもの、未だ整理がつかないまま何か落ち着かない状態で
日々を過ごし、仕事に取り組んでいます。

これまで自分を受け止めていた、自分と言う受け皿が
地震に伴う色々なエピソードによって大きなダメージを
受けたのでしょう・・・。

取り乱したりこそしていませんが、
精神的に一種のパニックになっているのかもしれません。

その辺りを自分なりに整理しようと、
自分による自分のための(まぁ、全ての文章はそうなんですけど)
状況描写をしておこうと思いました。
読んで欲しいわけでもなんでもないので、
思いついたことを支離滅裂に書いています。



3月11日は仕事にて11階建てビルの11階で
お客様を相手にIT系の講習会を実施していました。

講習会の2日目、30名近くのお客様とグループワークをやっているところ
15時くらいにユラユラと地震がありました。

「おっ、地震だ・・・」とお客様が声をあげ、皆すぐに収まるだろうと
思っていた矢先に震度5(?)近くの地震が襲ってきました。

収まることを知らない揺れに対して、
「怖い」の前にお客様に万が一があってはいけないと
机の下に潜ってくれるよう指示し、僕も机の下に・・・。
机の下に潜りつつ、
「もしかしてこれで死んじゃうのかな・・・なるようにしかならないな」
などと最悪な事態に襲われる自分を覚悟すらしていました。

ビルは大揺れをお越し、非常階段の壁が一部剥がれ、
私たちがいた教室も場所によっては軽度のダメージがありました。

窓から外を見ると、
2カ所のビルから煙が立ち上っているのが見えました。

講習会は中断となり、しばらく様子を見ていました。
インターネットが生きていたのでニュースサイトをみたら
なんと震源地が宮城県の北部のようなことが書いてありました。
M8.8で震度7とありました。

僕の実家は宮城県です。
その記事を見てパッと「両親死んだかもしれない・・・。」
という思いが頭をよぎりました。

しばらくした後、私たちは客様とビルを出て
近くの避難場所になっている小学校へ移動することに。
幸いなことにお客様や我々のメンバーは怪我することなく済みました。

外には沢山の人が集まっていて、色々と情報交換をしたり、
必要な人と連絡を取り合おうとしていました。

地震の影響でJRを始めとする電車が完全にストップしており、
講習会は中止で、解散といっても帰る足がなかったり・・・。

上司の誘導の元、避難所の小学校から近くにある
親会社の事務所に移動し足がないお客様は
そちらで休んで頂くことになりました。

私は奥さんを始め、被災地の両親と連絡を取りたく
電話をかけまくりましたが通じることなく時間だけが過ぎていきました。

17時ちょっと前に、母親から車に乗ってる間に津波に襲われ
車壊滅&本人水浸しだけど辛うじて逃げれました、
という生存確認を知らせるメールが届きました。
ひとまずほっとしましたが、父親と連絡が取れないという
不安がった文言も。

時間だけは過ぎていきます・・・。
我々社員はお客様と一緒にしばらく
親会社の事務所にいましたが、
会社で一夜過ごしてもしょうがないということで、
歩いて帰れるメンバーは徒歩にてぽつぽつと帰り始めます。

私も情報を集める中で、宮城県がかなりダメージを受けたこと、
交通網が終日復旧の見通し立たないこと、固定電話であれば
場合によって連絡がつくことなどが分かりました。

奥さんの無事も確認できたので、
あとは自宅と父親の安否を確認しないと、
という思いのもとに蒲田駅から鴨居駅まで
電車で約1時間くらいの距離を歩いて帰ることに決めました。

Google Mapを使うと大体4時間程度で
歩いて帰れそうなことが分かりました。
とりあえずは線路沿いを歩いて横浜の方まで出よう、
と慣れない道をテクテク歩いて帰りました。

途中、数回道に迷ったり、お腹が減ったので
道中のラーメン屋で夕食をとりながらひたすらあるいて
5時間以上をかけて家にたどり着くことができました。

歩いている最中に奥さんから被災地の母と電話できた旨
連絡を貰う一方で、韓国にいる妹からはtwitterのダイレクトメールで
日本はどうなっちゃったの、両親は無事なの、といった
メールがじゃんじゃん届きました。

人間は脆いですね。
自分が分からないものについて
問い合わせのメールをもらい続けると、
自分まで不安になったりだんだんイライラしてきたりと、
気持ちが揺れてきます。

自宅についてから、必死に宅電をつかって実家に電話しましたが、
いっさい繋がりませんでした。

気晴らしに少しだけPSPでゲームをやりましたが、
面白くも何ともありません。

奥さんは帰宅難民ということで、
会社で1夜を過ごすことが分かっていました。

僕は、カタチにならない・言葉にならない不安を抱えたまま
布団に入りました。
自分が親を心配しているのかどうかさえ、感情が整理できず
分からなかったような気がします。

震災当日の夜でした。