2011年2月26日土曜日

海神丸/野上弥生子

今日は会員となっているNPO「HRDM」の勉強会がありました。
御茶ノ水で14時〜18時まで勉強会に参加しましたが、
東京方面に出てきてまっすぐ帰るのは勿体ない、と思い
東京駅丸の内北口にある松丸本舗へ足を運びました。

1時間ほど店内を歩き回り、眼に飛び込んでくる膨大な
書籍アーカイブの中から4冊ほど購入してきました。

その中の1冊が野上弥生子さんの『海神丸』です。
1929年に発表された作品のようですから、
もうすでに80年以上前の作品になりますね。

この作品を知ったキッカケは
松岡正剛さんの千夜千冊の第934話でした。

あのセイゴー先生をして
野上弥生子がいない日本がいかにヤバイか

と言わせる作家なわけなので、
これは読まないと不味いだろうなと思っていました。

そしてようやく今日手に取ることが出来ました。
薄い本(70ページ程度)なので帰りの電車の中で
読み終えてしまいましたが、正直
80年前の作品とは思えない出来です。

今読んでも古く無い。
それどころか犯罪というものの本質を
考えさせられる古典といってもよい作品です。

どうやら、この作品が日本の近代小説で一番始めに
「極限状態での食人」を取り上げたもののようです。

実在の海難事件をもとに書かれているのも
この作品によりいっそうの重みを与えているのかもしれません。

人間の生というものを考えるときに、
たまにはこういう作品をじっくり読んで
静かに考えにふけってみるのもいいのではないでしょうか。

このようなテーマでにたような本には、
武田泰淳さんの『ひかりごけ』や
大岡昇平さんの『野火』があります。

どちらも手元にはありますが未読の作品。
『海神丸』の読破を切っ掛けにまとめて読んでみようかと。


0 件のコメント: