2010年11月26日金曜日

経営者の条件/P.F.ドラッカー

ドラッカーを知ったのは大学1年生のときでした。
私の大学は新設の大学で、私は一期生。


よって初年度は先輩はおろか後輩すらいない状態です。
立花隆さんの著作に魅了されていた高校時代の影響もあり、
知的読書ライフを満喫しようと図書館なりお気に入りの教授の研究室に
好き勝手に入り浸って生意気な議論を吹っかけていた頃・・・。




ドラッカーはそんな時、ある教授(今は中央大学にいるのかな?)の
研究室で出会ったのでした。
アーノルド・トインビーの大著『歴史の研究』のとなりに
で〜んと置いてあったのが、これまたドラッカーの大著
『マネジメント』の上下巻でした。


そして、その翻訳者が当時の学長であった野田一夫先生。


おぉー学長が翻訳したのかー、なんていう話をきっかけに
研究室で「学長が翻訳してますけど、ドラッカーって凄いんですか?」
という質問からドラッカーを巡るたびがスタートしました。


後に学長の野田先生とも色々と話す機会があり
「学長、ドラッカーってどんなひとですか?」なんていう話もしたっけな。
日本で無名だった頃の話とかいろいろ面白い話がきけました。
なかでも面白かったのが登山のお話。


野田学長もドラッカーも登山がおすきなそうで。
ある時山に一緒にのぼったらドラッカーがいったそうな。
「山は登れば登るほど下の景色が一望できる。見晴らしがよくなる。
でもね、企業組織では山を登れば登るほど下が見えなくなるんだよ。」と。




社会人生活10年を越えたいまでは、当たり前に受け止められますが
当時は世間知らずの田舎者、茶坊主。
そんな話であっても新鮮に聞こえたっけ・・・。




そんなドラッカーですが、今回紹介するのは『経営者の条件』という著作。
原題は『THE EFFECTIVE EXECUTIVE』です。
直訳すれば有能な経営者とでもいえようか。




僕の持っている本の裏表紙には読んだ回数と日付が書いてあり、
それによると初読は2005年の5月24日だそうだ。


大学卒業が2001年なので、
この本は在学中に読んでなかったみたいですね。


僕にとって、この本は救いだ。
読んでいると無駄に元気が出る。


ドラッカーの著作はどれもにたような傾向があるが、
話がやや抽象的で定義不明に色々な言葉が出てきて
煙に巻かれたかのような印象をうける。
しかし、それでも一つ一つの言葉は
一種のアフォリズムのように仕事をしている人間には刺さる。


なにかビジネス上の本質をエグっている感じがするわけです。
そしてこの部分が多くの読み手に刺さる。


この刺さり方が絶妙であるため、
僕のような人間に元気を与えたり、
多くの経営者に様々なインスピレーションを与えてきたのでしょう。


『経営者の条件』はそんなドラッカーの著作の中でも
とりわけ自分に刺さることが多かった一冊です。


刺さると同時に、この本は論理構成(章構成)が
非常に明瞭で教科書的なもののお手本とも言っていいくらいです。
構成が良すぎてさすがの僕でも
簡単にこの本のエッセンスを紹介できるように作られている。


そのエッセンスとは・・・。


①知識社会に置けるビジネスパーソンは成果をあげなきゃダメよ。


②そして成果をあげる能力は習得できるんだよ。
天才だけが成果をあげられるわけじゃないから安心してね。


③どうすりゃいいかというと以下の五つをやることね。
・時間を管理しようね
・外部の世界に対する貢献に焦点を当てようね
・強みを基準に仕事をスタートさせようね
・もっとも大事なことから始めようね。
・成果が上がるように正しい意思決定をしようね


以上の5つのプラクティスが例を交えて
具体的にその重要性を解き明かすようなかたちで
説明されているのがこの本です。




上記の箇条書きを見れば、
なんかつまらないよね?


でもね、実際読むとものすごく納得するし
かなりの言葉が自分に刺さるんだよ。


ちなみに僕の本には刺さった箇所が
マーキングされており、それを数えると
合計93カ所ありました。




さて、皆さんはどれくらい刺さるんでしょう?
読んでみてのお楽しみです。


P.S
僕に刺さった言葉を幾つか・・・。

・組織の内部にあるのは努力とコストだけである。
・成果を上げるためには時間を
かなり大きなまとまりとして使わなければならない。
・繰り返し起こる危機はずさんさと怠慢の症候の一つである。
・どのような貢献が出来るかを自問するのは、
自らの職務の可能性を追求するということである。











0 件のコメント: