2009年8月14日金曜日

1%のひらめきと99%の努力

"Genius is one percent inspiration and 99 percent perspiration."

「天才とは1%のひらめきと99%の努力である」という言葉は、
かの有名なトーマス・アルバ・エジソンの名言として知られています。

この言葉に対して、おそらく一般の人は
「努力が大事である」、または「継続することこそが天才のゆえんである」
といったような解釈をしてしまうのではないでしょうか。

実は私も、今日までは「いくらひらめきがあっても、それをものにするための努力がなければどうしようもない」
程度の認識でいました。

ですが、本日、私の上司から教えていただいたところによると、
先の言葉によってエジソンが云わんとしていた意図は全く逆だったようです。

なんでも、エジソン本人が述懐したところによると
あの発言は”少しもひらめかないような人は、いくら努力をしても無駄だ”という意味だったとのことです。
要は、ひらめくことの重要性を伝えたかったがゆえに、先の発言に及んだということです。

なんか、あれれれれ・・・と思うかもしれませんが、
心のどこかで確かにそうだよねと納得している自分がいたりしませんか?

私のような凡人は、エジソンの言葉をつぎのように解釈する必要があるのかな、なんて思った一日でした。

1%の天才的なひらめきを得るために、99%の地道な努力を惜しむなかれ」と・・・。



0 件のコメント: