2009年5月12日火曜日

夢十夜/夏目漱石

感性という名のナイフのみを己の武器とし、自分をすり減らしながら時代と格闘しつづけた人間が見た夢

文豪夏目漱石が格闘し続けたものとは一体何だったのでしょうか?
私が最近気になってしょうがなかったものが、この短編の中で暗示されているような気がしました。

夏目漱石といえば、『坊ちゃん』や『我輩は猫である』などが有名ですが、
はっきりいって、社会人になるまでは千円札に載っているオジサン
という程度の情報しか持っていませんでした。
文豪と聞いただけで、なんとなくとっつきがたいイメージが湧き、
どうしても漱石が書いた本を読む気にはなれませんでした。
大学時代に、社会人入学していた先輩から漱石全集を譲っていただいたにもかかわらずです。
※この全集は狭い我が家においておくことが出来なくなり、愚かにも売り払ってしまった・・・自決を促す。

それが、去年から会社の部長に進められて『三四郎』『それから』『門』を読んだのをきっかけに
漱石の魅力にとりつかれてしまったわけです。

そんなこんなで、漱石の著書を読んでいくと、なんといえばいいのでしょう・・・
何かに追われているというか、追い詰められているというか、格闘しているというか、
得体の知れないものが蠢いている様な感じがするんですね。

その正体が何か分からず、ずーっと考えていたわけですが、
今回紹介する『夢十夜』を読んで、なんとなくその正体が分かった気になりました。
いや、正解に言うと分かってはいませんね。
より得体の知れないものを強く感知できた、というのが正直なところだと思います。

そして、私の直観では、その正体は「知れば知るほど我々の足元が、これまで築いてきたものが崩れかねないもの」
なのではないかという気がしています。

ほんと、この小説、前回エントリーした中勘助の『銀の匙』に引けをとらないくらい美しい作品だと思うのですが、
それ以上に怖い作品です。決してホラーとかそういうわけではないのですが、
本能的にこの作品には恐怖を感じずにはいられません。不気味な影が忍び寄ってくる・・・。
そしてこの影こそが、実は見てみぬ振りをしていた、我々の等身大の姿だったのではないかと・・・。

本書の解説に、このような一説があります。

漱石の『夢十夜』は、そのように過去に金縛りにされ、記憶につきまとわれ人間の、
不自由そのものの、無力な実体をあらわにする。

セイゴオ先生が言うように、読書は楽しいだけではなく、危険な行為でもあることがいやというほど認識できる作品。
私にとっては、それがこの『夢十夜』でした。

0 件のコメント: