2009年3月25日水曜日

分かりやすさの陥穽

私は仕事柄、プレゼンテーションをする機会が沢山あります。
そして自分でいうのも何なんですが、私が行うプレゼンテーションは
分かりやすくて、引き込まれて、やる気になるらしく、とても受けが良い。

もちろん、入社した頃から上手だったわけではありません。
最初は一文が長い、話がくどい、論旨不明瞭などと色々問題がありました。
仕事で一番初めに行ったプレゼンテーションなんかはアンケート評価でいくと
同期20名中、下から3番目くらいでしたし・・・。
そんな自分が今高い評価をもらえるようになったのは、ひとえに努力の賜物です。

努力の結果身についた、私の強みである「分かりやすい」プレゼンテーション術なのですが、
ここ1年くらい、この分かりやすさというやつが曲者であることについて考えを巡らせています。

なぜこんなことを考え始めたかというと、それにはあるきっかけがあります。
会社の重役相手にプレゼンをした時のことです。
いつものように高い評価をもらいました。
ですが、後から本部長に「お前の説明は分かりやすくて、熱がこもっていて、皆圧倒されるから駄目だ」
と言われてしまったのです。
私は本部長からこのような指摘をされて、すぐにピンときました。

つまりこういうことです。
私のプレゼンテーションは、伝えるべきことが明確で分かりやすく、丁寧で、熱意がある。
だから聞き手は、話を聞いていて非常に心地が良い。そして、聞き手が知りたいであろうことを、
プレゼンの中で落語的に一人でQ&Aをやったりするので、大抵、説明を聞き終えた人たちは満足してしまう。
まるで良質の落語でも聴いたあとのごとく・・・。

もちろん、プレゼンにより危機感を共有してもらったり、ある行動を促したりしているので
単なるプレゼン鑑賞で終わっているわけではないのですが、それでも聞いている人たちは満足してしまっている。
これが私のプレゼンが駄目だと言われた理由です。

今となっては良く分かります。
プレゼンテーションは相手に何かを伝えて、
特定の行動をとってもらうためのコミュニケーション手段なんですよね。
決して自分の話を聞いてもらい、話に満足してもらうためのものではありません。
仮に、自分がそのような意図がなかったとしても、相手が話し自体に満足しちゃって
特定の行動をとるための最善の状態になっていないのであれば、そのプレゼン自体、失敗です。
私は説明の分かりやすさを追求しているうちに、
プレゼン効果の最大化に頭が回らなくなっていたようです。

このブログをお読みになられている聡明な皆様は大丈夫ですか?
分かりやすさには罠がありますよ。
何かを説明する時、分かりやすさを追求しすぎていませんか?
極端なまでのわかりやすさというのは、往々にして物事の理解で終わってしまいがちです。
行動にまでつなげるには、分かりやすさだけでは駄目ですよ。


なんてかくと、だったらどうしたらいいんだ?って話になりますよね。
実際にどうやったら分かりやすい説明とプレゼン効果の最大化を実現できるのか。
私自身、この方法を自分の中でモノに出来ずにいました。
ですが、ここ最近、この問題の解決の糸口が見つかったような気がします。

書いてしまえば大したことはないのですが、その糸口は
説明としてもプレゼンテーションと対話としてのダイアローグのブレンドにあるような気がしています。

仮に、相手に対して、ある物事を伝え、納得してもらい、行動して欲しいとします。
自分が使える時間が60分あるとしましょう。
これまでの私は、50分を説明、10分をQAに割り当てていましたが、
最近では説明を30分、対話を30分行うように工夫しています。

結構、後半の「対話」がコミュニケーションを円滑にする糸口なのかなぁなんて思っています。
実際、一方的な説明の時間を短くし、逆に対話の時間を導入することで
相手がどのような知識レベル、価値観、考え、感情で自分の話を理解しているかが
よーーーくわかるようになりました。結果として、行動も早くなりました。

最近は、このプレゼン&ダイアローグのハイブリッドメソッドを極めるべく
色々と工夫をしているところであります。
そして、そもそも対話って何なんだろうとぼんやり思索にふけってたりもします。







1 件のコメント:

Con さんのコメント...

お久しぶりです。
毎回読んでます◎
日本の文化を知ることは今年のテーマでもあり白川静さんの本は前から興味がありました。(花鳥風月の科学はかなり興奮しましたw)また読んでみますね。
しかしなかなか読書の時間もとれずにフラストレーションのたまる今日この頃です。

会社ではわかりやすいだけでは今ひとつなのですね。難しい。やる気を起こさせる・・・人の気持ちを変えられるのは本当に大変だなと最近痛感しました。変えられたら本物ですね。
このブログはわかりやすくて、やる気も出るので成功例ですねwこれからも良いエントリー楽しみにしてます◎