2009年3月16日月曜日

映画『パッセンジャーズ』を観ました

アン・ハサウェイ主演『パッセンジャーズ』を観てきました。
今年10本目にして、『ドラゴンボール EVOLUTION』に引けをとらない馬鹿映画でした。

アン・ハサウェイの白い肌くらいしか見所はないです。
でもねー、彼女の役もかなり馬鹿女役なので、観ていてイライラすんのよね。
で、あまりに頭にくるので、イラつく原因を冷静に考えたら、映画の結末がわかってしまった・・・。

今となってはありきたりの展開ですよ、この作品のオチは。
『シックス・センス』と『アザーズ』といえばお分かりかな?

0 件のコメント: