2009年3月15日日曜日

映画『チェンジリング』を観ました

今年9本目となる作品が
アンジェリーナ・ジョリー主演、
クリント・イーストウッド監督作品の『チェンジリング』です。

この作品は良かった!!
素晴らしい作品です。
是非とも映画館でご覧あれ。

個人的には、主演を演じたアンジーに
アカデミー主演女優賞を贈りたい。
それほど、アンジーの演技は素晴らしかった。

話は1920年代の実話をベースに作られたものだそうです。
ある日、シングルマザーであるアンジーが仕事から自宅に帰ると、最愛の息子が行方不明になります。
数ヵ月後、警察により息子が見つかったと連絡を受け、実際にあってみるとそこにいるのは
見ず知らずの子供でした。この子は一体誰なのでしょう?本当の息子は何処にいったのでしょうか?
子を愛する母として当たり前の行動をとればとるほど、国家権力に楯突く狂人とみなされ
その行動を妨害されていく。挙句の果てには強制的に精神病院に収監されることに・・・。
横暴な国家権力の前でなすすべのない個人。
そんな理不尽な状況においても希望を失わず、勇気を持って行動する人たちが団結して
真相解明に乗り出していく・・・そして明かされる衝撃の結末。

クリント・イーストウッドは本当に良い作品を作りますね。
心のそこから敬意を表します。

彼の作品を振り返ると、アメリカの正統保守主義者としての真骨頂が見れます。
どの作品においても、その時代時代にながれる、うそ臭いとは分かっていても、
皆が抗えない何かに鋭く切り込んでいます。

映画『許されざるもの』では、偽善を振りまく権力者をいち市民の視点からメッタギリしていたし。
「売春婦を大事にしろ」という台詞がすべてを物語っていましたよね。

映画『ミリオダラー・ベイビー』は、エセ・ヒューマニズムに真っ向から切り込んでいった作品でした。
尊厳死というテーマを通して、時代を上手に切り取って見せてくれました。

そしてこの作品。
シングルマザー VS 国家権力。

夫のいないか弱いひとりの女という立場と、
最愛の息子のためなら命すらいとわないという強い母というアンビバレントな像を
上手く国家権力と対比させることで、より物事の本質を明確に浮き上がらせていました。
本当にクリント・イーストウッドは上手い!!
その思想は筋金入りだ。

あえてキーワードを2つに絞ると「勇気」と「希望」だろうか。

あなたなら、この作品から何を読み取りますか?
よかったらお教え願えませんか?


0 件のコメント: