2009年2月26日木曜日

成果をあげるための問いかけ

皆さん、こんばんわ。

今日は24時くらいに自宅に帰ってきました。
明日は5時におきて、6時半には会社に行かなければなりませんので、
あまりブログに時間はかけられませんが、一言だけ・・・。

亡くなったP.F.ドラッカーの最新著作『経営者に贈る5つの質問』を読んだ感想を書き留めておきます。

この書籍自体、非常に薄っぺらい(全100ページくらい)のですぐ読めてしまうのですが、
ここで提示される質問は質問自体は至極常識的でシンプルなものです。
しかし、いざ真剣に答えるとなると、そう簡単ではありません。

私はこれまで企業研修の講師という仕事をやってきましたが、
受講生に本質を考えてもらう際に、質問がシンプルであればあるほど、
回答が難しくなるということを経験しました。

なぜ質問がシンプルだと答えるのが難しいか。
私見では、本質を突くシンプルな質問ほど、問いかけられた人間に偽りを許さないからだと思っています。
要は質問をはぐらかして、逃げることが出来ないんですね。

さて、本質の泰斗であるドラッカーさんは、
皆さんに対して成果をあげるために、どのような質問を贈ってくれたのか・・・。
皆さんなら、この質問にどう答えますか?

質問1 :われわれのミッションは何か?
質問2 :われわれの顧客は誰か?
質問3 :顧客にとっての価値は何か?
質問4 :われわれにとっての成果は何か?
質問5 :われわれの計画は何か?

個人的に、おまけでとして2つ質問を追加します。

質問6:あなたは昨日、計画実行のためにどんな「行動」をしましたか?
質問7 :あなたは今日、計画実行のためにどんな「行動」をしますか?




0 件のコメント: