2008年11月11日火曜日

21世紀図書館-必読の教養書2百冊 PartⅠ(立花隆編)

2008年12月号の文芸春秋に立花隆さんと佐藤優さんの
対談+推薦図書が載っている。

この二人の著作には非常に学ぶところが多く、どんな本を推薦するのか気になり
何年ぶりかで文藝春秋を購入。

以下、その推薦図書200冊。
私にとって読書とは趣味であり、異質なる精神との出会いであり格闘である。
そういう意味で、リストアップされた本たちは非常に魅力的である。
自分の読書人生において何冊読破できるだろうか?


立花隆選の100冊

【生命科学】
(1)ジェームス・D・ワトソン『二重らせん』講談社文庫
(2)ブルース・アルバーツ『細胞の分子生物学』ニュートンプレス
(3)R・フリント『数値でみる生物学』シュプリンガー・ジャパン
(4)P・モリソン『パワーズ オブ テン』日経サイエンス

【物質科学】
(5)ファインマン『ファインマン物理学』岩波書店
(6)桜井弘編『元素111の新知識』講談社ブルーバックス
(7)桜井弘編『生命元素事典』オーム社

【地球科学】
(8)F・ダイソン『宇宙をかき乱すべきか』ちくま学芸文庫
(9)熊澤峰夫、伊藤孝士、吉田茂生編『全地球史解読』東京大学出版会
(10)B・フェイガン『古代文明と気候大変動』河出文庫

【現代科学論】
(11)リチャード・ドーキンス『神は妄想である』早川書房
(12)トーマス・クーン『科学革命の構造』みすず書房
(13)マーヴィン・ミンスキー『心の社会』産業図書
(14)リー・M・シルヴァー『人類最後のタブー』NHK出版

【心理学】
(15)『ユング自伝』みすず書房
(16)ベヴァリー・ムーン編『元型と象徴の事典』

【生理学】
(17)ガイトン『ガイトン臨床生理学』医学書院
(18)ネッター『ネッター解剖学アトラス』南江堂

【死】
(19)山田風太郎『人間臨終図巻』徳間文庫
(20)キューブラー・ロス『死ぬ瞬間』中公文庫

【人類史・文化人類学】
(21)デビッド・ランバート『図説 人類の進化』平凡社
(22)J・ダイアモンド『人間はどこまでチンパンジーか?』新曜社
(23)ドナ・ハート、R・W・サスマン『人は食べられて進化した』化学同人
(24)T・W・ディーコン『人はいかにして人となったか』新曜社
(25)アルマン・マリー・ルロワ『ヒトの変異』みすず書房
(26)スティーヴン・ミズン『心の先史時代』青土社
(27)J・キャンベル『神の仮面』青土社
(28)フレイザー『金枝篇』ちくま学芸文庫

【20世紀の歴史】
(29)『20世紀全記録』講談社
(30)ヒトラー『わが闘争』角川文庫
(31)ランズマン『SHOAH(ショアー)』作品社
(32)ゴールデンソーン『ニュルンベルク・インタビュー』河出書房新社
(33)アンドルー・チェイキン『人類、月に立つ』NHK出版
(34)D・ハルバースタム『ベスト&ブライテスト』朝日文庫

【日本近現代史】
(35)久米邦武『米欧回覧実記』岩波文庫
(36)原田熊雄『西園寺公と政局』岩波書店
(37)『原敬日記』福村出版
(38)吉田茂『回想十年』中公文庫
(39)読売新聞社編『昭和史の天皇』

【基礎的古典】
(40)『聖書』日本聖書協会
(41)『旧約聖書略解』日本基督教団出版局
(42)『原典 ユダの福音書』日経ナショナルジオグラフィック社
(43)湯田豊 訳『ウパニシャッド』大東出版社
(44)『ブッダ 悪魔との対話』岩波文庫
(45)諸橋轍次『中国古典名言事典』講談社
(46)柴山全慶『無門間講話』創元社
(47)アッタール編『イスラーム神秘主義聖者列伝』国書刊行会
(48)『ハディース イスラーム伝承集成』中公文庫
(49)ヘロドトス『歴史』岩波文庫


【数学】
(50)吉田武『オイラーの贈物』ちくま学芸文庫
(51)ソーンダース・マックレーン『数学 ーその形式と機能』森北出版
(52)インフェルト『ガロアの生涯』日本評論社

【哲学】
(53)アリストテレス『形而上学』岩波文庫
(54)パスカル『パンセ』中公文庫
(55)デカルト『方法序説』岩波文庫
(56)ニーチェ『ツァラトゥストラ』中公文庫
(57)カント『永遠平和のために』岩波文庫
(58)ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』岩波文庫
(59)W・ジェイムズ『プラグマティズム』岩波文庫
(60)ヴィーコ『新しい学』法政大学出版局

【政治学・法学】
(61)プラトン『国家』岩波文庫
(62)佐々木毅『プラトンの呪縛』講談社学術文庫
(63)マキャベリ『君主論』岩波文庫
(64)ウェーバー『職業としての政治』角川文庫(西島芳二訳)
(65)ハイエク『自由の条件』春秋社
(66)ポパー『開かれた社会とその敵』未来社
(67)ミルトン『アレオパジティカ』岩波文庫
(68)宮澤俊義『コメンタール篇 日本国憲法』日本評論社
(69)ロールズ『正義論』紀伊国屋書店
(70)『エリック・ホッファー自伝』作品社

【共産主義思想】
(71)トマス・モア『ユートピア』岩波文庫
(72)レーニン『国家と革命』ちくま学芸文庫
(73)マルクス/エンゲルス『共産党宣言』岩波文庫
(74)ネチャーエフ『革命家の教理問答書』白水社
(75)永田洋子『十六の墓標』彩流社

【日本思想】
(76)佐藤一斎『言志四録』講談社学術文庫
(77)『西郷南洲遺訓』岩波文庫
(78)北一輝『日本改造法案大綱』みすず書房
(79)上杉慎吉『國○精華乃登場』洛陽堂←タイトルの漢字が分からない

【世界文学】
(80)ソポクレス『オイディプス王』岩波文庫
(81)オウィディウス『変身物語』岩波文庫
(82)マロリー『アーサー王物語』筑摩書房
(83)ラブレー『ガルガンチュアとパンタグリュエル』ちくま文庫
(84)スタンダール『赤と黒』新潮文庫
(85)リルケ『マルテの手記』岩波文庫
(86)コンラッド『闇の奥』岩波文庫
(87)トーマス・マン『魔の山』新潮文庫
(88)カフカ『審判』新潮文庫
(89)ヘンリ・ミラー『北回帰線』新潮文庫
(90)T・S・エリオット『荒地』大修館書店 できれば原書を!!

【日本文学】
(91)近松門左衛門
(92)松尾芭蕉
(93)萩原朔太郎
(94)埴谷雄高『死霊』講談社文芸文庫

【ファンタジー・SF】
(95)ハックスリー『すばらしい新世界』講談社文庫
(96)アーサー・C・クラーク『2001年宇宙の旅』ハヤカワ文庫SF
(97)ミヒャエル・エンデ『はてしない物語』岩波少年文庫
(98)H・G・ウェルズ『タイムマシン』角川文庫
(99)佐野洋子『100万回生きたねこ』講談社
(100)宮崎駿『風の谷のナウシカ』徳間書店

現在、上記100冊中、13冊は読破済みでした・・・。

2 件のコメント:

樹衣子 さんのコメント...

はじめまして。
「千の天使~」の樹衣子と申します。
事後連絡になってしまい申し訳ございませんが、貴ブログの記事のリンクをさせていただきました。不都合等ございましたら、お手数ですがご連絡ください。

13冊読破とは、かなりりっぱだと思います。
立花さんはその道のプロですが、佐藤優さんは休職前は外交官でしたから、読書量と記憶力はまさに「知の怪物」ですね。

Hidehiro Takeda さんのコメント...

樹衣子さん、はじめまして。
こんなブログでよろしければ
遠慮なくリンク貼ってください。