2008年10月3日金曜日

映画『崖の上のポニョ』を観た


最近、映画三昧です。
昨日シリアスものを見たので、
今日は楽しくいきたいなと思い
これまでずっと封印してきた
『ポニョ』を観てきました。

この映画は日本アニメ会の巨匠
宮崎駿監督の作った作品の中で
一番エポックメーキングな作品となることでしょう。

正直、この作品は私の評価を越えています。

宮崎監督もおっしゃっているようですが、
おそらくこの作品が彼の最後の
作品になるのではないか?
そう予感させられる作品でした。



さて、ここから先は語りのトーンを変えていこう。
あくまで私自身のつぶやきとして、この作品の感想を述べる。
ネタバレもちょびっとあるので、見てない人はここから先は読むべからず。


まず最初に、宮崎駿は本当の天才だと思う。
そして、この作品は本当にスゴイ。
なぜなら、この作品には宮崎駿という一人の人間が
表現したかった妄想が200%詰め込まれているからだ。
その妄想の弾け具合は観るものを突き放し、一切の解釈を寄せ付けない・・・。
あくまでこれは俺の人生だ。
お前らと関係あってもなくても俺は気にしないと言っているようだ。

映画を観るものと作品との唯一のつながりは、可愛らしいキャラクターと
優しい感じの絵コンテだけだ。だがこの作品の性質上、これでいいのだと思う。
観るものは勝手に自分のノスタルジーに浸れるのだから。


この映画、トーンは『となりのトトロ』と似ていなくもない。
しかし決定的な違いがある。
一番の違いは、日常ではありえないファンタジーなキャラクターが出てきたとしても、
トトロにはメイがお母さんに逢いたくて家を飛び出して迷子になったりと、
我々パンピーとの接点を持たせてくれるようなプロットや映画の山場が存在した。
しかし、ポニョには観る者とストーリーを繋ぐ接点が殆どないのだ。
少なくても私には皆無であった・・・。
ただ前述のごとく、接点はなくてもノスタルジックになれる瞬間がある。
小さい時って、たしかに自然がこう見えたりもしたっけな・・・とか。


ポニョの公式サイトによると、この話のストーリーはこんな感じだ。
=======================================================
どんな時代であれ、5歳の少年から見た 世界は美しく生きるに値する。

2008年夏、日本だけでなく世界の人々が自信を失い、経済政策の行き詰まり、
食糧や原油価格の高騰、地球の温暖化問題など、解決の糸口さえ見つけられず、
不安を抱きながら漫然と生きている現代。まさに“神経症と不安の時代”、
この作品の企画を書いた宮崎駿は、まもなくこのような時代がやってくることを
予見していたかのように本作品を作りました。

崖の上の一軒家に住む5歳の少年宗介は、ある日、クラゲに乗って家出した
さかなの子ポニョに出会います。アタマをジャムの瓶に突っ込んで困っていたポニョを、
宗介が助けることから物語が始まります。
「ぼくが守ってあげるからね」と宗介。そんな宗介のことを好きになったポニョが、
人間になりたいと願ったため、海の世界は混乱に陥り、
人間の町に大洪水を引き起こすことになるのです。

この作品は、少年と少女、愛と責任、海と生命——神経症と不安の時代に、
宮崎駿がためらわずに描く「母と子」の物語です。

=======================================================

要は、人魚姫の宮崎駿版ということだ。
そして、この宗介という可愛らしい少年こそが、宮崎駿そのものなのだ。
そう、この作品は宮崎駿が叶えたかった夢そのものなのだ。
だから、我々・・・というか私との接点を持ち得ない作品なのだ。

思うに、宮崎駿は5~15歳の感受性を保ち続けたまま大人になった人なのだろう。
そして、これは私の完全な妄想であるが、幼少の頃に「少女」というキーワードで
何かしらのトラウマを背負った人なのではないか?
そして、トラウマとして永遠に失われた少女を、その作品全体を通して
求め・探し続けているひとなのではないのだろうか?

改めて宮崎作品を観なおして見ると、主人公は殆どが少女である。
そしてその少女は、突然空から降ってきたり、戸惑ったり、苦悩したり、
さらわれたりと色々な苦労をする。
だが、大抵最後に少女は一回りも二回りも頼もしくなって
みんな(宮崎駿)のもとに帰ってくるのだ。
ラピュタ、ナウシカしかり。魔女の宅急便や耳をすませばなんかもそうだ。
宮崎アニメを観るものは、その辺に若者の成長とか、愛や勇気を見て感動する。
これまで私もたくさん感動させてもらった。

しかし、ポニョはちょっと違う。
人面魚のポニョが、愛する少年、宗介に逢いたいがために、
町一つを水没させるのだ。そして、子供の感性でその描写を見ると、
ポニョは怪物に見えるし、荒波に飲み込まれた人たちは皆死んじゃったように見える。
但し、ポニョだけが「女の子になって戻ってきた」のだ。
更には、愛する少年の下に戻る過程で行われたオイタは、大いなる母の愛によって許される。
そして最後に二人は結ばれて終わる・・・ポーニョ、ポーニョ、ポニョ、魚のポーニョ♪。

これまで、少女が宮崎駿扮する少年のもとに戻ってくる際、
少女は儀式として何らかの問題を乗り越えたり、何かを失わなければならなかった。
ポイントは女の子が失って、世界は失われないことにある。
しかし、今回はそこが逆転していて世界は失われるがポニョは得るだけだ。
※一応、魔法の力を失うようだが、そこは描写されず。要は本質とは関係がないのだ。

ポニョは全てが許されているのだ。
自分が困難を乗り越えるのではなく、周りに困難を及ぼしながら
荒波のうえを嬉々として走ってくるのだ!!周りの人間は大迷惑さ・・・。
でも、ポニョは許されている。ポニョは祝福されているのだ!!

なぜなら、愛する宗介(駿)のもとへ向かっているから・・・。
世界が滅びても、私の愛する少女が帰って来ればそれでいい・・・。
逆に言えば、私の愛する少女が帰ってこないような世界は海に沈んでしまえ、である。

宮崎駿の天才性と狂気全開。
平野啓一郎の言葉を使えば、「宮崎駿の決壊」である。

こんな作品、いままでジブリアニメにあったか?
たぶんなかったよね?


今回、宮崎駿は全てから解放されて、自分の思いをときはなち
自分に向けてポニョが帰って来るようにした。
CGを一切使わず、全てを絵コンテにして・・・。
柔らかく、そして優しく、時に残酷に・・・。
そう、この作品で宮崎駿は失われた何かを取り戻したのだ
人生の総仕上げなのだ。究極の自己満足なのだ。
でもそれでいいのだ、と私は考える。

そんな作品が宮崎駿にとって傑作でないわけがなかろう。
たぶん鑑賞者の評価などは二の次なのだ。
本人的には「知ったことか」と思ってるのではないだろうか?

私はこの作品を観て宮崎駿という人間の類まれなる才能と狂気を読み取った。

ちなみに私の座席の前に座っていた少年が「この映画怖いよー」と怯えていた。
そりゃそうさ。ある人間の人生総仕上げが、ガキにわかるものか。
絵がいくら可愛くたって、話の本質は前述の意味で恐ろしいのである。
宮崎駿は「こどもが喜ぶ作品にしたかった」とどこかで言っていたような気がするが、
たぶんそれは本心の1%くらいだろう。商売人としてのセールストークではないのか?
宗介、リサ、耕一と、5歳の子供が親を呼び捨てにする家庭が中心のストーリーが
本当に子供が喜ぶなんて思うわけないでしょ?
もしかして、宮崎駿は少女というより家庭、それも母親にトラウマでもあるのではないか?
んん。ブログかいててそんな気がしてきた。
映画の最後に、聖母マリアのようなポニョの母が出てきて宗介に、
「ポニョがもともと人間じゃなくても一緒に入れますか」みたいな事を言っていたが、
これって、宮崎駿に対する、母なるもののからの懇願なのではないか?
「昔は非常に屈折した(人面魚)愛でした。ようやく人としての愛を与えられそうですが、
貴方は許してくれますか、そんな世界を」と言うふうに聞こえてならない。
こんな解釈をする私は人格崩壊してるのかもしれないが、これが正直な感想だ。


見る人の人生や、おかれている環境によって賛否両論のコメントが出てきて当然の作品である。
その他、面白かった、とか、話の意味がわからん、などと言うコメントもあるだろう。
皆、金払って娯楽目的で鑑賞するわけだから、色んなコメントがあっていいと思う。
でも個人的にはそんなの無意味さ、と私のこころは囁く。
この映画はそういうコメントを受け付ける地平線には存在しないと思っている。

集大成として自分の妄想や思いを多少支離滅裂かもしれないが
全てブチまけた映画。それがポニョだと思う。

だから、私の評価を超えているんだ。


参考までにGoogleのブログで「ポニョ」というキーワードをいれて
この映画のコメントを探してみた。適当に貼り付けてみる。

http://www.ne.jp/asahi/nob/co/tamaki/topc52.htm
http://minicoxmorico.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-a4da.html
http://d.hatena.ne.jp/t_yano/20081002/1222976416
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_fb6c.html


(10月4日に若干感想を付け加えました)

0 件のコメント: