2008年10月4日土曜日

ことば

読書をしていると、まるで雷に打たれたかのような衝撃を受けることがあります。
私にとってのそんな一人が寺山修司さんです。

読み始めたのは昨年と、比較的最近なのですが一読してその才能に魅了されました。

その寺山さんが以下のようなことを書いています。

きみは、この日記を書く前に100メートルを全速力で走るべきだった。
ローリングストーンズを100回聞くべきだった。
見知らぬ女の子に話しかけてみるべきだった。
「あしたのジョー」の10年後を想像するべきだった。
ぼくは、「生きる」などということを10行くらいで書いて悩むような軽薄さを好まない。


自分がブログでグダグダ考えを吐き出す前にやるべきことはなんだろう?

0 件のコメント: