2008年9月6日土曜日

デトロイトメタルシティを観た:それは甘い甘い♪


先ほど、レイトショーで松山ケンイチ主演の
「デトロイト・メタル・シティ」を観てきました。

評価:★★★★★

爆笑シーンあり、心温まるシーンありの
エンターテイメントMovieです。

最近、あまりやる気が湧かずにいましたが、
この映画からかなり元気をもらいました。



それにしても、主演の松山ケンイチは凄い。
その演技力に脱帽します。

田舎の夢見がちなカマっぽい青年根岸君と、地獄の使者クラウザーさんを
天才的に演じきってました。

今年の日本アカデミー賞主演男優賞は彼で決まりだな。

それから脇役陣が光っていた。
ロバートの秋山もかなり変体かかっててよかった。

それから、個人的には好みではないが
加藤ローサちゃんも非常に可愛らしく映画にフィットしてました。

そして、松雪泰子演じるデスレコーズの社長、これが良かった、かなりきてる!!

映画のプロットも良くできているし、俳優陣も怪演してくれるし、
至れり尽くせりの傑作だと思った。


映画観ていて個人的に意外だったのは、
デスメタル系の曲や、一見寒くて馬鹿唄に聞こえる
オシャレ系ポップソングも聞けちゃうということだ。

~♪ムーンライトシャド~♪
とかも聞けちゃったりして・・・。


いずれにせよ個人的にかなりお勧めの作品です。
ぜひとも映画館で堪能してくれ!!

0 件のコメント: