2008年9月23日火曜日

ノカイドウ、トリトマラズ・・・


長かった連休も今日で終わりです。
といっても、特別何をするでもなく
読書に勤しむ一日でした。

評論モノを中心に色々と読んでいたのですが、
ちょっと疲れてきたので「小説でも」と思って
読み出しているのが
『トマラズの木』という小説です。





※上の写真はノカイドウといって、世界中でえびの高原にしか自生していない木です。

実はこの小説、私の友人である
ソラセミ君が書いた作品です。
ソラセミ君は、まだ、小説家ではないので
残念ながらこの話自体は本になっていません。

私自身、彼から郵送してもらった原稿を
布団の上でペラペラとめくりながら読んでいる途中です。

まだ完読はしていませんが、読んでいて思ったのは
「こいつ、小説のプロットや文章が上手になっている!!」ということです。

別に、以前の作品がへたくそというわけではありませんが、
今回の作品は話の構成などが、非常に読ませるものに仕上がっているな
というのが正直な実感です。

本屋に並べたり、賞を取るにはもうチョイかもしれないけど、
友人の活動の成果が読み手に明確に伝わるくらいのレベルになっているというのは、
友人としても嬉しいもんです。

この調子で専業小説家をめざしてくれよな、ソラセミ氏よ。

2 件のコメント:

Masami さんのコメント...

「ありがとうございます。これからも精進します」と、ソラセミ氏が申しております。
あと、「無駄に長くてごめん」だそうです。
もっとぎゅっとつまった作品を書くのが目標だそうです。

Hidehiro Takeda さんのコメント...

傑作短編小説も期待しております。