2008年7月9日水曜日

ほんと低級ビジネス書ブームだねー

最近色々あって、仕事に対するやる気がまったくおきません。

俺は、いつまでこの仕事やらなきゃいけないのかなぁ・・・(誰もやれとはいってないんだけど)とか、
何のために仕事してんだろ・・・とか、
この仕事やっていったい誰になんの役に立ってんだよ・・・とか、

とりとめもない下らないといえば下らない疑問が頭の中で渦巻き、
仕事に対するやる気が起きない状態です。

こんな状態が続くと、鬱になるような気がしたので
気分一新、読書に精を出そうとしましたが、
太宰治のトカトントンよろしく、読書意欲までゼロになっていました。

※ちなみに太宰の作品で一番すきなのがトカトントンです。必読です。


いやはや、ほんとお手上げだと思って、思考能力ゼロでもよめる下らない本をとおもい、
ビジネス書を5,6冊買ってみました。今回はまともなビジネス書を読む気力がなかったので、
ビジネス書の最底辺に属する(偏見ですが)、
いわゆる「xx力」とか「xx勉強法」といった類のものです。

この手の本は、まともなビジネス書(経済や経営についての)を読めば身につくような話を、
つまみ食いして、もしくは自分流にアレンジして清涼飲料水的にまとめられたものだと思う。

そう。読むとなんとなく勉強したくなったり、賢くなったりするような錯覚を与える効果があるんだ。
んでもって、その効果は大抵続かない・・・。結局、読むだけ時間の無駄となる類の本である。


結局は、モノゴトの本質を見抜きたい、知りたいというスケベ心(好奇心ともいう)があれば
大抵はたどり着く、もしくは身につく力を、色々と説明しているんだ。
個々の著者については、非常に紳士的に執筆の理由を書いていたりするんだけど、
いい加減ウンザリだよ(だったら読むなってだけなんだけど)。

知的生産の女王(らしい)こと勝間和代さんとか何でもレバレッジの本田直之さんとか、
読み手のことを色々と考えて、思って、おもてなし抜群に本を書いてくれているんだけど、
申し訳ないが読んで得るものは少ないよ・・・。昔は好きだったけど茂木さんとかも
最近は興味がなくなってきた・・・。

だって勉強法って人それぞれだし、xx力なんてのはまともに本が読めて
モノを考えることができれば身につく力なんだもん。
フレームワーク力なんてーのも、ホントに身につけたければ、コトラーだとかポーターだとか
ドラッカーだとか読みゃー済む話さ。

それを手っ取り早く身に着けたい、教えたいというのはホントの力を身につけることには
ならないのではないかと思ってます。

勝間さんにせよ本田さんにせよ、あの手の本を出すなら1冊で言い切ってくれ!!
何冊もだされると単なる売文業者のように感じてしまう。
ノウハウ書をだすなら、アタイの、もしくはオイラのノウハウ総決算だ!!
これでも食らえ、バカ読者め!!くらいの気合はいった本を1冊だして終わりにしてほしい。

そういう熱いほんなら、学ぶことなくても絶対買いますよ。


ま、自分もバカだね。
グダグダ書きやがって・・・。
興味ないなら読まなきゃいいだけなのに・・・。

あー、ほんと駄目だ。トカトントンだ・・。

0 件のコメント: